実用的に使える心理学用語集

スポンサーリンク

心理学は、教育はもちろん、人事や経済、そして人間関係や仕事などにも活用できる普遍的で実用的な知識です。

徐々に増やしていきます。(継続編集中)


認定心理士、公認心理師、臨床心理士、心理学検定、産業カウンセラー、キャリアコンサルタントなどの勉強にも活用ください。

ページの横断検索は以下の検索ウィンドウからどうぞ。


五十音順

あいうえお順に表示します。

五十音用語備考
あ行足踏み反射
アルバート坊や

逸話法(逸話記録法)
インプロージョン法(インプロージョン療法)
エクスポージャー法(エクスポージャー療法)
オートシェーピング(オートシェイピング)
オペラント条件づけ
か行回避学習
学習性無力感(学習性無気力)
カマス理論
間欠強化効果
間欠強化スケジュール
期待背反法(期待違反法)
機能主義
逆行条件づけ
吸引反射
吸啜反射
強化
強化子
強化スケジュール
強化矛盾
緊張性顎反射
鎖につながれた象
系統的脱感作法
嫌悪刺激
現在バイアス(現在志向バイアス)
原始反射
嫌子
好子
構成主義
行動形成
行動主義
口唇探索反射
固定間隔スケジュール
固定比率スケジュール
古典的行動主義
古典的条件づけ
痕跡条件づけ
さ行サーカスの象
再学習法
シェーピング(シェイピング)
シェーピング法(シェイピング法)
時間的非整合性
時間割引率(時間選好率)
試行錯誤説
自制心
自然選択説(自然淘汰説)
実験心理学
自動反応形成
自動歩行
弱化
弱化子
手掌把握反射
馴化
馴化ー脱馴化法
順行条件づけ
条件づけ
条件反射
衝動性
心理的安全性
吸いつき反射
スキナー箱
正の強化
正の弱化
節約法
セルフコントロール能力
選好注視法
漸次的接近法
双曲割引
ソーンダイクの問題箱
即時強化
足底把握反射
た行ダーウィン反射
抱きつき反射
脱馴化
探索反射
遅延条件づけ
逐次的接近法
乳探し反射
対提示(対呈示)
定位反応(定位反射)
動学的不整合性
道具的条件づけ
同時条件づけ
逃避学習
トークン・エコノミー法
トークン・エコノミー(トークン経済)
な行内観法(内省法)
内観主義・意識主義
内観療法(内観法)
二次条件づけ
二次的強化
猫の問題箱
は行把握反射
暴露療法(曝露療法)
暴露反応妨害法(ERP)

罰子
バビンスキー反射(バビンスキィ反射)
パブロフの犬(パヴロフの犬)
反応形成
ハンフリーズ効果
PL法
比較心理学
非対称性緊張性顎反射
符号効果
負の強化
負の弱化
部分強化効果
部分強化スケジュール
フラッディング法(フラッディング療法)
変動間隔スケジュール
変動比率スケジュール
忘却曲線
報酬刺激
歩行反射
ま行マシュマロ実験(マシュマロ・テスト)
満足遅延耐性
無条件反射
モーガンの公準(モーガンの節約律)
モロー反射(モロ反射)
問題箱(パズルボックス)
や行
要素主義
ら行
レスポンスコスト法
レスポンデント条件づけ
連続強化スケジュール
わ行


年代順

かなりおおまかな開始年代順に表示します。

年代用語備考
1850年代自然選択説(自然淘汰説)ダーウィンの進化論
1860年代選好注視法(PL法)定位反応(定位反射)
1870年代実験心理学内観法(内省法)
内観主義・意識主義
構成主義・要素主義
機能主義
心理学のはじまり
1880年代比較心理学逸話法(逸話記録法)
節約法・再学習法忘却曲線
1890年代モーガンの公準(モーガンの節約律)
オペラント条件づけ・道具的条件づけ
試行錯誤説猫の問題箱(ソーンダイクの問題箱)
1900年代レスポンデント条件づけ・古典的条件づけ
パブロフの犬(パヴロフの犬)
1910年代行動主義古典的行動主義行動主義のはじまり
1920年代アルバート坊や
1930年代新行動主義
徹底的行動主義
オペラント条件づけ・道具的条件づけ
スキナー箱
強化スケジュール
反応形成(シェーピング)シェーピング法
部分強化効果(間欠強化効果)
1940年代
1950年代系統的脱感作法
トークン・エコノミー法
1960年代自動反応形成(オートシェーピング)
暴露療法(エクスポージャー法)
アサーション・トレーニング
1970年代満足遅延耐性
マシュマロ実験(マシュマロ・テスト)
時間的非整合性(動学的不整合性)
1980年代馴化ー脱馴化法馴化と脱馴化
1990年代期待背反法(期待違反法)
ポジティブ心理学
心理的安全性
2000年代
2010年代心理的安全性


人物別

主要な人物別に表示します。

人物名国・地域用語備考
チャールズ・ダーウィンイギリスダーウィンの進化論
自然選択説(自然淘汰説)
→ジョージ・ロマネス(ロマーニズ)
ヴィルヘルム・ヴントドイツ実験心理学
内観法(内省法)
内観主義・意識主義
構成主義・要素主義
→エドワード・ティチェナー
→ウィリアム・ジェームズ
→ジョン・ワトソン

→ジークムント・フロイト
エドワード・ティチェナーイギリス→アメリカ構成主義・要素主義
ミルク・エクササイズ
→ヴィルヘルム・ヴント
ウィリアム・ジェームズアメリカ機能主義←ヴィルヘルム・ヴント
→エドワード・ソーンダイク
ジョージ・ロマネス(ロマーニズ)イギリス比較心理学
逸話法(逸話記録法)
←チャールズ・ダーウィン
→ロイド・モーガン
ロイド・モーガンイギリス比較心理学
モーガンの公準(モーガンの節約律)
試行錯誤説
←ジョージ・ロマネス(ロマーニズ)
→エドワード・ソーンダイク
→ジョン・ワトソン
ヘルマン・エビングハウスドイツ節約法・再学習法
忘却曲線
エドワード・ソーンダイクアメリカ試行錯誤説
オペラント条件づけ・道具的条件づけ
猫の問題箱(ソーンダイクの問題箱)
教育測定運動
ハロー効果
←ウィリアム・ジェームズ
←ロイド・モーガン
→バラス・スキナー
イワン・パブロフ(パヴロフ)ロシア行動主義
古典的行動主義
レスポンデント条件づけ・古典的条件づけ
パブロフの犬(パヴロフの犬)
→ジョン・ワトソン
ジョン・ワトソンアメリカ行動主義
古典的行動主義
レスポンデント条件づけ・古典的条件づけ
アルバート坊や
←ヴィルヘルム・ヴント
←ロイド・モーガン
←イワン・パブロフ
→エドワード・トールマン
→クラーク・ハル
→バラス・スキナー
全体論(全体主義・ホーリズム)
ゲシュタルト心理学
←ヴィルヘルム・ヴント
ジークムント・フロイト精神分析
無意識
←ヴィルヘルム・ヴント
アルフレッド・アドラー全体論(全体主義・ホーリズム)
アドラー心理学(個人心理学)
エドワード・トールマン行動主義
新行動主義
←ジョン・ワトソン
クラーク・ハル行動主義
新行動主義
←ジョン・ワトソン
→ジョセフ・ウォルピ
バラス・スキナー行動主義
徹底的行動主義
オペラント条件づけ・道具的条件づけ
スキナー箱
強化スケジュール
行動分析学
応用行動分析(ABA)
行動療法
三項随伴性(ABC分析)
←エドワード・ソーンダイク
←ジョン・ワトソン
ジョセフ・ウォルピ系統的脱感作法
アサーション・トレーニング
行動療法
←クラーク・ハル
ハンス・アイゼンク因子論的類型論
行動療法
マーティン・セリグマンアメリア学習性無力感(学習性無気力)
楽観主義
ポジティブ心理学


心理学別

おおまかな分類別に表示します。

心理学

心理学アプローチ備考
実験心理学心理学のはじまり
内観法(内省法)
←実証主義
内観主義心理学
(内観心理学)
内観主義・意識主義↔︎行動主義
↔︎無意識
構成主義心理学
(構成心理学)
構成主義・要素主義↔︎機能主義
↔︎全体論(全体主義・ホーリズム)
機能主義心理学機能主義←プラグマティズム
↔︎構成主義・要素主義
比較心理学ダーウィンの進化論
逸話法(逸話記録法)
自然選択説(自然淘汰説)
行動主義心理学古典的行動主義
レスポンデント条件づけ・古典的条件づけ
↔︎内観主義・意識主義
モーガンの公準(モーガンの節約律)
新行動主義
徹底的行動主義
オペラント条件づけ・道具的条件づけ
行動分析学
ゲシュタルト心理学全体論(全体主義・ホーリズム)↔︎構成主義・要素主義
精神分析無意識↔︎内観主義・意識主義
アドラー心理学(個人心理学)全体論(全体主義・ホーリズム)
人間性心理学クライエント中心療法(来談者中心療法)
ポジティブ心理学楽観主義
ウェルビーイング
行動経済学時間割引率(時間選好率)
双曲割引
現在バイアス(現在志向バイアス)
時間的非整合性(動学的不整合性)
符号効果

心理実験


心理療法別

おおまかな分類別に表示します。

心理療法

心理療法対象技法備考
行動療法ソーシャルスキル・トレーニング(SST)社会的学習理論(モデリング理論)
オペラント条件づけ・道具的条件づけの強化
行動療法アサーション・トレーニング社会的学習理論(モデリング理論)
レスポンデント条件づけ・古典的条件づけの消去
行動療法
応用行動分析(ABA)
発達障害
自閉症
シェーピング法
トークン・エコノミー法
オペラント条件づけ・道具的条件づけの強化
行動療法
臨床行動分析(CBA)
機能分析心理療法(FAP)←精神分析療法
オペラント条件づけ・道具的条件づけの強化と消去
行動療法
臨床行動分析(CBA)
慢性疼痛
うつ病
混合性不安抑うつ障害
強迫性障害(OCD)
ACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)←マインドフルネス
←機能分析心理療法(FAP)
行動療法
リラクセーション法
強迫性障害(OCD)系統的脱感作法
(暴露療法+リラクセーション法)
レスポンデント条件づけ・古典的条件づけの消去
行動療法強迫性障害(OCD)
限局性恐怖症(特定の恐怖症)
暴露療法(エクスポージャー法)
暴露反応妨害法(ERP)
フラッディング法
インプロージョン法
レスポンデント条件づけ・古典的条件づけの消去
精神分析療法強迫性障害(OCD)
神経症
精神分析
森田療法強迫性障害(OCD)
神経症
認知療法
論理療法
認知行動療法学習性無力感(学習性無気力)
行動療法心的外傷後ストレス障害(PTSD)EMDR(眼球運動による脱感作と再処理法)
マインドフルネスマインドフルネス瞑想レスポンデント条件づけ・古典的条件づけの消去
学習性無力感(学習性無気力)マインドフルネス瞑想心理的安全性
依存症
生活習慣病
マインドフルネス瞑想自制心(セルフコントロール能力)
満足遅延耐性
時間割引率(時間選好率)
符号効果
現在バイアス(現在志向バイアス)
時間的非整合性(動学的不整合性)
ポジティブ心理学学習性無力感(学習性無気力)コーチング
←クライエント中心療法
クライエント中心療法(来談者中心療法)心的外傷後ストレス障害(PTSD)受容(無条件の肯定的配慮)・共感(共感的理解)・自己一致カウンセリング
コーチング
→ポジティブ心理学

心理症状

心理症状心理療法技法備考
強迫性障害(OCD)行動療法
臨床行動分析(CBA)
精神分析療法
森田療法
暴露反応妨害法(ERP)
ACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)

はぐらかす
隠し事が多い
限局性恐怖症(特定の恐怖症)行動療法暴露療法(エクスポージャー法)高所恐怖症
動物恐怖症
閉所恐怖症
心的外傷後ストレス障害(PTSD)行動療法
クライエント中心療法(来談者中心療法)
EMDR(眼球運動による脱感作と再処理法)
受容(無条件の肯定的配慮)・共感(共感的理解)・自己一致
発達障害
自閉症
行動療法
応用行動分析(ABA)
シェーピング法
トークン・エコノミー法
原始反射
学習性無力感(学習性無気力)認知行動療法
ポジティブ心理学
マインドフルネス
ヨガ
運動療法
心理的安全性
依存症マインドフルネス現在バイアス(現在志向バイアス)に対する環境調整
時間的非整合性(動学的不整合性)対する環境調整
自制心(セルフコントロール能力)が低い
満足遅延耐性が低い
時間割引率(時間選好率)が高い
符号効果が低い
生活習慣病マインドフルネス現在バイアス(現在志向バイアス)に対する環境調整
時間的非整合性(動学的不整合性)に対する環境調整
自制心(セルフコントロール能力)が低い
満足遅延耐性が低い
時間割引率(時間選好率)が高い
符号効果が低い

メタファー(例え話) ※外在化


逆引き

心理現象・心理効果から心理学を逆引きして表示します。

認知的

分類心理現象心理手法備考
学習・馴化・反射繰り返される刺激には慣れや飽きが生じる馴化と脱馴化
学習・馴化・睡眠揺れや音楽などの刺激があると他の刺激も気にならなくなる(眠くなる)
ヒツジを数えることもその応用
馴化と脱馴化
学習・消去・言語同じ言葉を繰り返すと意味づけが薄れるミルク・エクササイズエドワード・ティチェナー
学習・消去・言語同じ言葉を伝え返されると意味づけが薄れる伝え返しクライエント中心療法(来談者中心療法)
学習・消去・感情不安・恐怖が強い段階で暴露を中止すると、かえって不安・恐怖が強化されてしまう暴露療法(エクスポージャー法)レスポンデント条件づけ・古典的条件づけの消去(抑制)
遺伝・生存・適応個体ではなく環境が選択する外在化自然選択説(自然淘汰説)
学習・消去・記憶忘却曲線
記憶は消去できない
節約法・再学習法
学習・般化・適応一を聞いて十を知るレスポンデント条件づけ・古典的条件づけの汎化
オペラント条件づけ・道具的条件づけの汎化
学習・強化・動機できるだけ早く強化すると効率的オペラント条件づけ・道具的条件づけ即時強化
学習・強化・同期遅くなっても報酬を得られる経験もさせる
何度も約束を破られると我慢しても無駄だと学習する
自制心(セルフコントロール能力)
満足遅延耐性
時間割引率(時間選好率)
学習・結合・反射一定の間隔を置いてから対提示すると効率的レスポンデント条件づけ・古典的条件づけ対提示(対呈示)
学習・結合・感情職場のストレスで上司の顔や声まで憎らしくなる
家庭のストレスでパートナーや子供の顔や声まで憎らしくなる
外在化レスポンデント条件づけ・古典的条件づけ対提示(対呈示)
学習・結合・感情ストレスが多いと自分の呼吸や心臓の鼓動までストレスになる(過呼吸・パニック発作)マインドフルネス瞑想レスポンデント条件づけ・古典的条件づけ対提示(対呈示)
学習・弱化・動機逃げ場がなく、何をしても否定されると無気力になる外在化学習性無力感(学習性無気力)
単純接触効果
吊り橋効果
返報性の原理

行動的

分類心理現象心理手法備考
遺伝・生存・反射定位反応(定位反射)選好注視法(PL法)
遺伝・生存・反射予想外のことに驚く期待背反法(期待違反法)
学習・結合・反射反射的行動(条件反射)の学習対提示(対呈示)と条件づけレスポンデント条件づけ・古典的条件づけ
学習・結合・反射反射的行動(条件反射)は二次条件づけが可能対提示(対呈示)と条件づけレスポンデント条件づけ・古典的条件づけ
学習・強化・行動自発的行動の学習(試行錯誤)強化と弱化オペラント条件づけ・道具的条件づけ
試行錯誤説
学習・強化・行動自発的行動は二次的強化が可能
報酬はトークン(引換券)であっても行動を促進する
トークン・エコノミー法オペラント条件づけ・道具的条件づけ
学習・強化・行動目標となる行動をスモールステップに分けて段階的に習得するシェーピング法
反応形成(シェーピング)
オペラント条件づけ・道具的条件づけ
学習・連携・行動不安や恐怖などの条件反射(レスポンデント)の起こる環境に向かうきっかけ・手がかりとして、褒めるなどの自発的行動(オペラント)の強化を用いるシェーピング法
から
系統的脱感作法
オペラント条件づけ・道具的条件づけ
から
レスポンデント条件づけ・古典的条件づけ
学習・連携・行動追いかけるなどの自発的行動(オペラント)のきっかけ・手がかりとして、くわえるなどの無条件反射(レスポンデント)を用いる自動反応形成(オートシェーピング)レスポンデント条件づけ・古典的条件づけ
から
オペラント条件づけ・道具的条件づけ
学習・強化・行動罰は行動を抑制するだけでなく逃避・回避行動を促進することもある強化と弱化オペラント条件づけ・道具的条件づけ
学習・強化・行動たまのご褒美の方がやる気が出る
ご褒美は徐々に減らした方が長続きする
部分強化効果(間欠強化効果)オペラント条件づけ・道具的条件づけ
学習・強化・行動給料日などの報酬の後にやる気がなくなる強化スケジュール
強化後休止(強化後反応休止)
オペラント条件づけ・道具的条件づけ
学習・強化・行動内発的動機づけの方が自発的行動の学習が進む
「好きこそ物の上手なれ」
内発的動機づけオペラント条件づけ・道具的条件づけ
自制・時間・行動目の前の報酬には手が伸びてしまうが、すぐ手に入らない報酬は比較的我慢できる
はじめに立てたルールを守り続けられる環境を整える
「形から入る」
環境設計時間割引率(時間選好率)
双曲割引
現在バイアス(現在志向バイアス)
時間的非整合性(動学的不整合性)
自制・時間・行動遠い将来なら待てるが、近い将来なら待てない
将来の大きな利益より、目の前の小さな利益を追ってしまう
現在の自分が未来の自分を売り渡す
先延ばし(後回し)
明日やろうは馬鹿野郎
時間割引率(時間選好率)
双曲割引
現在バイアス(現在志向バイアス)
自制・時間・行動計画時は自制的だが、実行時は衝動的になってしまう時間的非整合性(動学的不整合性)
自制・時間・行動将来の報酬は簡単に受け渡しても、将来の損失は簡単には受け入れようとはしない符号効果
自制・時間・行動「得したい」と報酬的に考えると先延ばしするが、「損したくない」と損失的に考えると先延ばししにくい符号効果

マーケティング的

分類心理現象心理手法備考
学習・結合・感情好感度の交換対提示(対呈示)と条件づけレスポンデント条件づけ・古典的条件づけ
学習・強化・行動ポイントカードやスタンプカードなどのトークン(引換券)を用いて顧客をリピーターに育成するトークン・エコノミー法オペラント条件づけ・道具的条件づけ
学習・強化・行動トライアルやお試しなどのスモールステップに分けて申し込みや購入につなげることシェーピング法
反応形成(シェーピング)
オペラント条件づけ・道具的条件づけ
学習・強化・行動毎回報酬を得るより、ときどき報酬を得た方が条件づけは持続する(ギャンブル依存、ゲーム依存、射幸心)部分強化効果(間欠強化効果)オペラント条件づけ・道具的条件づけ
学習・強化・行動ゲームなどの継続(ログイン)ボーナス強化スケジュール
固定間隔スケジュール(FI)
オペラント条件づけ・道具的条件づけ
自制・時間・行動今だけお得なキャンペーンに人は食いつく
使ったその日の効果を訴求する
現在バイアス(現在志向バイアス)
自制・時間・行動いずれ必ず購入する商品などは、今を逃すと損すると訴求する符号効果

経済的

分類心理現象心理手法備考
経済・報酬・信用価値の低い硬貨・紙幣であっても、強化によって信用形成することができるトークン・エコノミー法
トークン・エコノミー(トークン経済)
経済・報酬・自制経済的な余裕が自制心(セルフコントロール能力)を生み出す時間割引率(時間選好率)
マシュマロ実験(マシュマロ・テスト)
経済・報酬・自制給与天引きや自動的な貯蓄・積立で、衝動的な消費・浪費からお金を退避させる積立時間割引率(時間選好率)
双曲割引
現在バイアス(現在志向バイアス)
時間的非整合性(動学的不整合性)
時間的非整合性(動学的不整合性)

組織的

分類心理現象心理手法備考
学習・観察・動機職場にフレッシュな新人を採用することで、無気力に陥った人材の再活性化を行う観察学習(モデリング)学習性無力感(学習性無気力)
カマス理論
学習・弱化・動機うまくサボった方が意欲が出て貢献できる外在化学習性無力感(学習性無気力)
学習・強化・動機心理的安全性があると、コミュニケーションが活発化し、生産性が向上(パフォーマンスが向上)し、イノベーションの創出につながる心理的安全性学習性無力感(学習性無気力)
人材・生産・感情最高のチームに最も重要な要素は心理的安全性コーチング心理的安全性
自制・時間・行動徐々に計画から逸脱してしまうため、定期的に計画を見直す計画時間的非整合性(動学的不整合性)


記述には慎重を期しておりますが、万一誤りや誤解を与えるような内容がありましたら、下部のコメントからご連絡いただけると助かります。

この記事が気に入ったら
いいね! してね
最新情報をお届けします
\シェアはこちらから/
スポンサーリンク
ITカウンセリングLab

コメント