モーガンの公準(モーガンの節約律) もーがんのこうじゅん(もーがんのせつやくりつ) 意味

スポンサーリンク

モーガンの公準(モーガンの節約律)とは

イギリスのロイド・モーガンが提唱した「低次の心的能力によって解釈できることは、高次の心的能力によって解釈してはならない」とする考え方。

比較心理学への問題提起として広まり、ソーンダイク猫の問題箱の実験(試行錯誤説)などを通して、行動主義にも影響を与えた。


ダーウィンの進化論自然選択説・自然淘汰説)の影響を受けて始まった比較心理学では、動物が単に学習した行動を、人間と同じように考えて行動したかのように拡大解釈(擬人化)されるなどの問題が起こった。

これは、観察者の気づいた行動エピソードを逸話的に記録して研究に用いる逸話法(逸話記録法)が用いられたためでもある。


モーガンの公準(モーガンの節約律)と似た考え方に、「説明のために必要以上の仮定をすべきではない」とするオッカムの剃刀がある。


以下の図は、モーガンの公準(モーガンの節約律)を提唱したロイド・モーガン。

https://www.researchgate.net/publication/228475061_A_History_of_Dogs_as_Subjects_in_North_American_Experimental_Psychological_Research


関連する心理学用語

比較心理学

逸話法(逸話記録法)

ダーウィンの進化論

自然選択説(自然淘汰説)

行動主義

試行錯誤説

猫の問題箱(ソーンダイクの問題箱)

オッカムの剃刀


参考



記述には慎重を期しておりますが、万一誤りや誤解を与えるような内容がありましたら、下部のコメントからご連絡いただけると助かります。

この記事が気に入ったら
いいね! してね
最新情報をお届けします
\シェアはこちらから/
スポンサーリンク
ITカウンセリングLab

コメント