猫の問題箱(ソーンダイクの問題箱) ねこのもんだいばこ(そーんだいくのもんだいばこ) 意味

スポンサーリンク

猫の問題箱(ソーンダイクの問題箱)とは

アメリカのエドワード・ソーンダイクが、モーガンの公準(モーガンの節約律)を参考にして、試行錯誤説を説明するために行った動物実験とその道具。

空腹の猫を問題箱(紐を引くなどすると脱出できる)に閉じ込めて外に餌を置き、試行錯誤によって偶然脱出できることを繰り返すと、次第に脱出成功までの時間が短くなっていく。(試行錯誤学習)


以下の図は、エドワード・ソーンダイクが行った猫の問題箱(パズルボックス)の実験の様子と学習結果のグラフ(横軸は試行回数、縦軸は脱出時間)。

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Puzzle_box.jpg


試行錯誤学習は、自発的行動を扱った学習として、のちの行動主義におけるオペラント条件づけ・道具的条件づけであるとされる。

また、猫の問題箱は、初期の比較心理学逸話法(逸話記録法)を用いたのに対し、道具を用いた動物実験を行った点でも、のちの行動主義に影響を与えている。(スキナー箱など)


以下の動画は、猫の問題箱の実験の再現映像。(英語音声、2:22)

Puzzle box (Thorndike)
https://youtu.be/fanm–WyQJo


関連する心理学用語

試行錯誤説

効果の法則

モーガンの公準(モーガンの節約律)

行動主義

オペラント条件づけ・道具的条件づけ

スキナー箱

比較心理学

逸話法(逸話記録法)

S-R結合(S-R連合)

三項随伴性(ABC分析)


参考



記述には慎重を期しておりますが、万一誤りや誤解を与えるような内容がありましたら、下部のコメントからご連絡いただけると助かります。

この記事が気に入ったら
いいね! してね
最新情報をお届けします
\シェアはこちらから/
スポンサーリンク
ITカウンセリングLab

コメント