認知行動療法(CBT)

認知行動療法(CBT)とは

うつ病パニック障害(PD)、強迫性障害摂食障害(拒食症、過食症)、睡眠障害(不眠症)、統合失調症、大人の注意欠陥・多動性障害(ADHD)などにエビデンスのある心理療法です。

認知行動療法は、認知療法行動療法を組み合わせたものですが、実はさまざまな種類があります。

  • 主に行動療法を行っている場合
    • 系統的脱感作法、暴露療法などで認知変容を行います。
    • トークンエコノミー法、シェーピング法などで行動形成を行います。
  • 主に認知療法を行っている場合
    • 認知再構成法などで認知変容を行います。
    • モデリング(観察学習)、ロールプレイングなどで行動形成を行います。
  • 認知療法行動療法を組み合わせて用いている場合
  • 第三世代の認知行動療法を行っている場合


認知療法行動療法を組み合わせて用いている場合でも、どちらを重視しているかはかなり違いがあります。(スキーマ療法は認知療法寄りなど。)

ちなみに、行動療法に関連するものとして、応用行動分析(ABA)がありますが、主に子どもやペットの教育などに用いられます。カウンセリングとして用いられるものではありません。


最近では認知行動療法マインドフルネスを取り入れた、第三世代の認知行動療法が広まっています。

  • マインドフルネスストレス低減法(MBSR)
  • マインドフルネス認知療法(MBCT)
  • ACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)
  • 弁証法的行動療法(DBT)


第三世代の認知行動療法では、正常な防衛反応ストレス反応である苦しみや不安がなくなることはないため、苦しみや不安をコントロールしようとするのではなく、いかに苦しみや不安と付き合いながら、自分の人生を歩んでいくのかが強調されます。

また、「注意のトレーニング」として身体的なエクササイズが取り入れられています。


クライエントの方が、これらの種類を理解することは困難ですし、その必要もありません。

第三世代の認知行動療法を軸に、さまざまな認知行動療法を統合してご提供しています。

悩んだ場合は、一度ご相談ください。



関連する心理学用語

関係フレーム理論

S-R-S理論

行動療法

応用行動分析(ABA)

行動分析学

認知療法

認知行動療法

第三世代の認知行動療法

マインドフルネス

マインドフルネスストレス低減法(MBSR)

マインドフルネス認知療法(MBCT)

ACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)

弁証法的行動療法(DBT)


参考


記述には慎重を期しておりますが、万一誤りや誤解を与えるような内容がありましたら、下部のコメントからご連絡いただけると助かります。

コメント