心理カウンセリング

体験を通して自分の状態に気づいていく

生きづらさを抱えながらも、そのことに気づかないことがあります。

例えば、自分が受けているストレスを自覚できている人は、実は少ないようです。


体の状態で言えば、最近食欲がないし、頭が重いな、疲れやすいな、と感じていても、それがストレスから来るものなのか、何がストレスとなっているのかに気づいていなかったり。

心の状態で言えば、全然うまくいかない自分に自己嫌悪を感じて、もっと頑張らないといけないと自分に言い聞かせているのに、すでに頑張りすぎて体が動かなくなっていたり。


体の状態であっても、心の状態であっても、ストレスを感じるのは嫌なことなので、自分では気づきにくくなっています。

いくら頭で考えようとしても、生存本能としてストレスと闘うか、逃げるかが自動的に実行されてしまうため、気づかないまま消耗だけしていきます。


自分で気づかないことは、他人が気づいている

カウンセリングでは、話をしているときの自分の状態と、カウンセラーからのフィードバックを照らし合わせていただくことで、体験と言葉をつなぎあわせていきます。


最近疲れやすいと思っていたのが、実は未来への不安感から来るものだったり。

自己嫌悪を感じていたのが、実は抑うつ状態であったり。

そうやって、言語化することができれば、毎日の生活を別の視点から観察できるようになります。


安心安全な場だから伝えることができる

カウンセラーがフィードバックする前に、自分の話を伝える必要があります。

そのために、最低限のカウンセリングの枠組みがあります。


  • 1点目は、利害関係のない第三者であることです。

ストレスは本質的に嫌なことなので、そのストレスに向き合うことは大変嫌な作業です。

そんなときにカウンセリング以外での関係があると、その別の関係が壊されるんじゃないかと心配になったりします。

これでは安心して自分の状態を正直に話すことができなくなり、演じる自分が出てきてしまいます。


  • 2点目は、専門家として守秘義務が守られることです。

どんなに利害関係のない人でも、話したことが他人に話されたり、インターネットなどで書かれてしまったりする心配があると、正直に話せません。

ですので、カウンセラーは専門職として、守秘義務やプライバシーポリシーを明示した上で、IT機器などでも適切に情報を扱える能力が求められます。


  • 3点目は、否定されたり、判断されたり、決め付けられたりすることがないということです。

カウンセラーは普通より多くの相談を受けているため、経験的に相手のつらさを想像しやすいというのもあります。

また、カウンセラーも同じ一人の人間として、つらいことや嫌なことを乗り越える経験をしていることが役立つことがあります。


  • 4点目は、あなたのためだけの時間枠が取られるということです。

病院の診察のように5分で終わるようなことはありませんし、はじめから時間枠を決めて予約を取ります。

カウンセリングをはじめて受けた人は、とても贅沢な時間だったと言われることがあります。

それだけ安心な環境で話を聞いてもらう経験が貴重になってきているということでしょう。


カウンセリングはリラクゼーション

カウンセリングの目標はさまざまですが、自分の状態を言語化できただけで、心がふっと軽くなることがあります。

体のリラクゼーションになぞらえて、心の筋肉をほぐすと表現することがありますが、そういう非日常的な体験であることは事実です。

そして、体がリラックスする余裕が生まれると、自分でどうすればいいのか気づくことがあります。

ぜひ、マッサージなどのようにお気軽に体験いただければと思います。


カウンセリングはトレーニング

カウンセリングは、心が楽になるだけでは効果が長続きしません。

マッサージでは体をほぐしてもらうだけで、体のトレーニングは自分でやるしかありませんが、カウンセリングは違います。

心の問題の原因となる人間関係のトレーニングにもなりますし、そのとき相手(カウンセラー)が何を考えていたのかをその場で聞いて確認することもできます。

型を覚えるだけのトレーニングではなく、相手に合わせたコミュニケーションのトレーニングとなります。


カウンセリングを受けるのはどのようなときか

カウンセリングはうつ病や精神障害、依存症の方だけが受けるものではありません。

ストレス、不安、怒り、疎外感、心配、強迫、ワーカホリック、離婚など、実際には生活全般のご相談があります。仕事、健康、家庭、生きづらさなど領域も様々です。


自分の症状や事象が当てはまるのかは考える必要もありません。

ほとんどの場合、多くの要因が複雑に絡んでおり、自身で把握することが困難です。

  • ストレスや漠然とした不安、疎外感や孤独感などの生活や対人関係に関わる悩み
  • 進学や独立、結婚や離婚、出産や育児、離別や病気などのライフイベントにまつわる悩み
  • いじめや対人恐怖(社交不安)、パワハラやセクハラなどの学校・仕事でのトラウマ体験
  • 家庭内暴力や虐待・ネグレクト、毒親やアダルトチルドレンなどの家庭でのトラウマ体験
  • うつ病や双極性障害、依存症や不安障害、発達障害などの心の病
  • 自律神経失調症や不定愁訴、慢性痛や体重の増減などの身体的な問題


言葉にならない思いや生きづらさもあるでしょう。

そうした思いを聞いてほしい、整理してほしいと言って来られる方もいます。


あなたに素晴らしい朝が訪れますように

新しい景色は、どこか遠くにだけあるわけではありません。

今この瞬間にも、目の前には新しい景色が広がっています。

ありのままのあなたで、世界を見渡すお手伝いをします。


あなたが変わろうとするのなら、自分以外の視点が必要になります。

変わりたいと思っている方は、是非カウンセリングをお申し込みください。

あなたを変えることができるのは、あなただけです。



この記事が気に入ったら
いいね! してね
最新情報をお届けします
\シェアはこちらから/
ITカウンセリングLab