心理学用語 しぼんだ風船(へこんだ風船)

スポンサーリンク

しぼんだ風船(へこんだ風船)とは

トラウマ(心的外傷)やうつ病レジリエンスの説明に用いられるメタファー(例え話)。

ストレスがあっても、通常はレジリエンス(復元力・回復力)が働いて、風船は元に戻ることができる。(しぼまない風船・へこまない風船)

一方で、ストレストラウマ化したり、うつ病にまでなると、レジリエンス(復元力・回復力)が働かず、風船は元に戻ることができない。(しぼんだ風船・へこんだ風船)


以下の図は、しぼんだ風船(へこんだ風船)のメタファーを説明する際に用いる画像の例。

心身に不調を来した人は、しばしば弾力を失うかのように柔軟性を失い、まるで紙風船のようにへこんだ状態が続いてしまう。

ストレスがゼロになることはないので、一度へこんでも元に戻れる健康状態(余裕のある状態)を維持することが重要となる。

もししぼんでしまっても、未来に対して心に火がつけば、徐々にレジリエンス(復元力・回復力)を取り戻し、大空に飛び立つことができるかもしれない。

ただし、勝手に火はつかないため、火をつけてくれる支援者(代理親・親友・カウンセラーなど)の存在が必要となる。

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Paper_balloon.JPG


関連する心理学用語

ストレスとトラウマ

猫にくわえられたネズミ

首を引っ込めたカメ(甲羅に閉じこもったカメ)

PTSD(心的外傷後ストレス障害)

失感情症(アレキシサイミア)

離人症(離人症性障害)

エピジェネティクス

自律神経系

ホメオスタシス(恒常性)

防衛反応

ポリヴェーガル理論(多重迷走神経理論)

闘争・逃走反応(fight-or-flight response)

凍結反応・凍りつき反応(freeze response)

行動主義

新行動主義

S-O-R理論

第三世代の認知行動療法

マインドフルネス

ACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)

心理的柔軟性

ロゴセラピー(実存分析)


参考


記述には慎重を期しておりますが、万一誤りや誤解を与えるような内容がありましたら、下部のコメントからご連絡いただけると助かります。

この記事が気に入ったら
いいね! してね
最新情報をお届けします
\シェアはこちらから/
スポンサーリンク
ITカウンセリングLab

コメント