象徴機能(シンボル機能)

スポンサーリンク

象徴機能(シンボル機能)とは 意味

目の前にないものを別のもの(言葉、記号など)を使って、表現する機能のこと。

象徴機能(シンボル機能)によって、心の中で刺激を保持すること(間接化)が可能となる。


例えば、「りんご」と聞いて、りんごを思い出す。

例えば、「○」を見て、正解だと理解する。


子どもの発達でいえば、紙をお皿に見立てて、ごっこ遊び(おままごと)ができる。

これを、「象徴遊び」や「象徴行動」と呼ぶ。

ごっこ遊び(おままごと)は、延滞模倣(遅延模倣)の一種である。


表象機能については、以下をご覧ください。


ピアジェの発達段階説(認知発達段階説)における象徴機能(シンボル機能)

ピアジェの発達段階説(認知発達段階説)では、前操作期(2歳から7歳前後まで)に象徴機能(シンボル機能)が発達するとされている。


前操作期の前半(2~4歳)は、象徴的思考段階である。

例えば、目の前にないものの絵を描ける。


象徴機能(シンボル機能)と遅延反応

刺激が消失してからしばらく時間が経っても、消失した刺激に対して反応できることを、遅延反応という。


例えば、犬などの動物は、自身の姿勢などの外的シンボル間接化することで、「よし」の号令と共に目標に向かって走り出すことができる。

例えば、人間は、口ずさむことなどで外的シンボルを活用することもできるが、記憶や言語などの内的シンボルを用いた間接化能力に秀でている。


このように、遅延反応には、象徴機能(シンボル機能)が大きく関係していると考えられる。


参考



関連する心理学用語

ピアジェの発達段階説(認知発達段階説)

対象の永続性(モノの永続性)

遅延反応

表象と象徴(シンボル)

延滞模倣(遅延模倣)

保存の概念(ピアジェ)

心の理論

素朴理論(素朴概念)

アニミズム

外言と内言

自己中心的言語(自己中心語)

メタ認知

シェマ(スキーマ)

スキーマ


記述には慎重を期しておりますが、万一誤りや誤解を与えるような内容がありましたら、下部のコメントからご連絡いただけると助かります。

この記事が気に入ったら
いいね! してね
最新情報をお届けします
\シェアはこちらから/
スポンサーリンク
ITカウンセリングLab

コメント