動因(欲求)と誘因

スポンサーリンク

動因(欲求)と誘因とは 意味

動因(drive)とは、内部から行動を引き起こす要因のこと。欲求(need)とほぼ同じ意味。

食欲や睡眠欲、好奇心や探究心などがある。

動因(欲求)によって、内発的動機づけが起こり、行動を持続させる。


誘因(incentive)とは、外部から行動を引き起こす要因のこと。インセンティブ。

餌や食事、報酬やトークン(引換券)などがある。

誘因(インセンティブ)によって、外発的動機づけが起こり、行動を持続させる。



食欲と、餌や食事との違いは微妙なところだが、餌や食事(誘因)が目の前にあっても、食欲(動因)がなければ、実際には食べようとしないことが言えるだろう。

逆に、食欲(動因)がある程度満たされているように感じても、デザート(誘因)を見ると、食欲が増加するかもしれない。


接近-接近の葛藤(誘因が多ければいいとは限らない)

2つの目標(誘因)が、ほぼ同程度の魅力を持つ場合に、どちらにしようか迷って、行動を起こせなくなる。

これを、接近-接近の葛藤(接近-接近型)と呼ぶ。


このように、目標(誘因)が多ければ多いほどいい、とは限らないわけである。


マズローの欲求5段階説(欲求階層説・自己実現理論)

マズローの欲求5段階説(欲求階層説・自己実現理論)では、内部から行動を引き起こす動因(欲求)を扱っている。


高次な欲求(動因)から順に、以下のようになっている。

  • 自己実現の欲求(Self-actualization needs)・・・創造性
  • 承認・自尊の欲求(Esteem needs)・・・承認欲求、自尊心
  • 愛情・所属の欲求(Love/belonging needs)・・・社会的欲求
  • 安全・安定の欲求(Safety needs)・・・身体的安全性、心理的安全性
  • 生理的欲求(Physiological needs)・・・生存本能、一次的欲求


https://commons.wikimedia.org/wiki/File:MaslowsHierarchyOfNeeds.svg



参考



関連する心理学用語

動因低減説

人間性心理学

マズローの欲求5段階説(欲求階層説・自己実現理論)

一次的欲求と二次的欲求

欠乏欲求と成長欲求(存在欲求)

内発的動機づけと外発的動機づけ

アンダーマイニング効果

エンハンシング効果

欲求不満(フラストレーション)

葛藤(コンフリクト)

オペラント条件づけ・道具的条件づけ

強化と弱化

トークン・エコノミー法

ホメオスタシス(恒常性)

防衛反応

闘争・逃走反応(fight-or-flight response)

凍結反応・凍りつき反応(freeze response)

ストレスとトラウマ(心的外傷)

心理的安全性

孵化効果

機能的固着(バイアス)

ロウソク問題

批判的思考(クリティカル・シンキング)


記述には慎重を期しておりますが、万一誤りや誤解を与えるような内容がありましたら、下部のコメントからご連絡いただけると助かります。

この記事が気に入ったら
いいね! してね
最新情報をお届けします
\シェアはこちらから/
スポンサーリンク
ITカウンセリングLab

コメント