性格と人格(キャラクターとパーソナリティ)、気質と個性

スポンサーリンク

性格と人格、気質と個性とは 意味

性格とは、生得的に形作られた行動様式。

英語でいうと、「キャラクター(character)」である。


人格とは、社会的に形作られた役割。

英語でいうと、「パーソナリティ(personality)」である。


気質とは、気持ち・情動についての、個人の特徴。体質と同様に、気質を変えることは難しい。

英語でいうと、「テンペラメント(temperament)」である。


個性とは、他者と比較した際の、個人の特徴。

英語でいうと、「インディビジュアリティー(individuality)」である。


性格と人格の違い

性格(キャラクター)は、持続性・一貫性のある行動様式で、どちらかというと先天的である。

人格(パーソナリティ)は、持続性・一貫性のある社会的役割で、どちらかというと後天的である。


類型論と特性論のまとめ(一覧)

以下は、性格人格(パーソナリティ)の、類型論(タイプ論)特性論を一覧にまとめたもの。

分類理論概要備考
類型論ユングの類型論内向-外向2態度・4機能
類型論クレッチマーの類型論体格(病理)3気質
類型論シェルドンの類型論体格(胚葉)3気質
類型論シュプランガーの類型論価値観6価値
特性論オールポートの特性論共通特性・個人特性語彙仮説(辞書仮説)
特性論アイゼンクの特性論4層構造2次元(MPI)/3次元(EPI)
特性論ビッグファイブ理論特性5因子モデル5因子(Big5)


参考



関連する心理学用語

性格の類型論と特性論

ユングの類型論(内向-外向タイプ論)

クレッチマーの性格類型論(体格タイプ論)

シェルドンの性格類型論(体格タイプ論)

シュプランガーの価値類型論(価値タイプ論)

オールポートの特性論(語彙仮説)

アイゼンクの特性論(4層構造モデル)

ビッグファイブ理論(特性5因子モデル)

認知バイアス

ステレオタイプ

動因(欲求)と誘因

内発的動機づけと外発的動機づけ

マインドセット(心構え)

サニーブレイン(楽観脳)とレイニーブレイン(悲観脳)


記述には慎重を期しておりますが、万一誤りや誤解を与えるような内容がありましたら、下部のコメントからご連絡いただけると助かります。

この記事が気に入ったら
いいね! してね
最新情報をお届けします
\シェアはこちらから/
スポンサーリンク
ITカウンセリングLab

コメント