サニーブレイン(楽観脳)とレイニーブレイン(悲観脳)

スポンサーリンク

サニーブレイン(楽観脳)とレイニーブレイン(悲観脳)とは 意味

サニーブレイン(楽観脳)とは、楽観主義(ポジティブ)になる脳の機能であり、側坐核にある。

脳の側坐核は、快楽の中枢であり、快感の対象となる刺激を追い求める。

これは、ドーパミンやオピオイドなどの働きによるものとされる。


レイニーブレイン(悲観脳)とは、悲観主義(ネガティブ)になる脳の機能であり、扁桃体にある。

脳の扁桃体は、恐怖の中枢であり、不安の対象となる刺激を追い求める。

これは、セロトニンなどの働きによるものとされる。


例えば、メールやチャット(LINEなど)の返信が、すぐに来ないときのことを考えてみよう。

サニーブレイン(楽観脳)であれば、返事が遅いことは気にならず、他の快楽を探そうとするだろう。

レイニーブレイン(悲観脳)であれば、返事が遅いことばかり気にして、他のことが手につかなくなるだろう。


サニーブレイン(楽観脳)レイニーブレイン(悲観脳)のもとになるものを、アフェクティブ・マインドセット(affective mindset)と呼ぶ。

アフェクティブ・マインドセットは、経験とともに強固なものとなるが、徐々に変えていくこともできるとされている。


以下は、サニーブレイン(楽観脳)レイニーブレイン(悲観脳)の研究者であるエレーヌ・フォックスの著作。


参考



関連する心理学用語

性格と人格(キャラクターとパーソナリティ)、気質と個性

性格の類型論と特性論

マインドセット(心構え)

意志力(ウィルパワー)

満足遅延耐性

ポリヴェーガル理論(多重迷走神経理論)

防衛反応

スキーマ

シェマ(スキーマ)

認知バイアス


記述には慎重を期しておりますが、万一誤りや誤解を与えるような内容がありましたら、下部のコメントからご連絡いただけると助かります。

この記事が気に入ったら
いいね! してね
最新情報をお届けします
\シェアはこちらから/
スポンサーリンク
ITカウンセリングLab

コメント