節約法・再学習法 せつやくほう・さいがくしゅうほう 意味

スポンサーリンク

節約法・再学習法とは

一度学習された内容を再学習する際に、どの程度時間を節約できるかを測定する実験方法。

節約法・再学習法によって導き出される忘却率を時系列でグラフ化したものを忘却曲線という。

このような記憶の研究は、ドイツのヘルマン・エビングハウスによって始められた。


以下の図は、忘却曲線を発見したヘルマン・エビングハウス。

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Ebbinghaus.jpg


関連する心理学用語

忘却曲線



記述には慎重を期しておりますが、万一誤りや誤解を与えるような内容がありましたら、下部のコメントからご連絡いただけると助かります。

この記事が気に入ったら
いいね! してね
最新情報をお届けします
\シェアはこちらから/
スポンサーリンク

スマホを開けば仕事や人間関係がはじまるIT社会で、心の問題は増え続けています。

心を情報としてシェアするオープンな社会において、『心理感染』が引き起こされるのは当然のことと言えます。

心理感染のストレスに強くなるため、人々はマインドフルネスであることが求められ、メンタルの免疫を癒し、活性化するためのカウンセリングが必要となります。

・メッセージカウンセリング
・音声通話カウンセリング
・ビデオカウンセリング

ITカウンセリングLab

コメント