自己効力感(セルフ・エフィカシー)

スポンサーリンク

自己効力感(セルフ・エフィカシー)とは 意味

自分はできるという可能性を確信できる感覚のこと。

具体的で身近な目標を立てることで、動機づけ(モチベーション・やる気)が高まることがわかっている。

自己可能感」などと呼ぶこともある。

カナダのアルバート・バンデューラが提唱した。


自己効力感(セルフ・エフィカシー)によって、ストレス耐性や自制心(セルフコントロール能力)が高まることがある。


自己効力感と自己肯定感の違い

わかりやすくいうと、自己効力感(セルフ・エフィカシー)は「自分はできると期待できる感覚」、「自分はきっとできると思えること」である。

自己効力感は、英語で「self-efficacy」と書く。


わかりやすくいうと、自己肯定感(自尊心・自尊感情)は「自分は価値があると肯定できる感覚」、「自分は自分でいいと思えること」である。

自己肯定感は、英語で「self-esteem」と書く。


参考



関連する心理学用語

社会的学習理論

モデリング(観察学習)

自己肯定感(自尊心・自尊感情)

シャーデンフロイデ

非認知能力

自動思考

動因(欲求)と誘因

内発的動機づけと外発的動機づけ

マインドセット(心構え)


記述には慎重を期しておりますが、万一誤りや誤解を与えるような内容がありましたら、下部のコメントからご連絡いただけると助かります。

この記事が気に入ったら
いいね! してね
最新情報をお届けします
\シェアはこちらから/
スポンサーリンク
ITカウンセリングLab

コメント