フレーミング効果

スポンサーリンク

フレーミング効果とは 意味

心理的な枠組み(フレーム)の違いによって、意思決定に影響を及ぼすこと。

どこに焦点を当てて表現するかによって、与える印象が変わる。

わかりやすくいうと、フレーミング効果は「ものは言いよう」ということである。

ダニエル・カーネマンとエイモス・トベルスキー(トヴェルスキー)によって、研究が進められた。


例えば、以下の2つの文章を読んで、どちらの案を選択するだろうか。

  • A案「これまでに手術した100人の患者のうち、95人が成功しました」
  • B案「これまでに手術した100人の患者のうち、5人が失敗しました」


どちらも手術の成功率としては同じだが、表現の違いによって多くの人がA案を選択する。


例えば、以下の2つの場合に、あなたはどうするだろうか。

  • チケット紛失条件「10ドルの映画チケットを購入したあと、映画館に行ってからチケットを紛失したのに気づいたら、もう一度チケットを買うか」
  • 現金紛失条件「映画館で10ドルの映画チケットを購入しようとしたら、10ドルの現金を紛失したのに気づいたら、もう一度チケットを買うか」


どちらも10ドルの損失だが、チケット紛失の場合は、もう一度チケットを購入するのはかなり損なように感じる。

逆に、10ドルの現金紛失の場合は、まだチケットを購入していないので、チケット紛失よりも損とは感じにくい。

これは、現実の損得勘定と心的会計(心理的会計)に違いがあるためである。


フレーミング効果は、認知バイアスによって生じる。


損失回避バイアス(損失回避の法則)

フレーミング効果は、損失回避バイアス(損失回避の法則)などの認知バイアスによって説明される。


人は、報酬よりも損失を回避しようとする心理的傾向がある。

そのため、手術が同じ成功率でも、生存率よりも死亡率を聞いたほうが、手術を避けようとする。


また、チケットを紛失した場合は、チケットを購入するのが2回目なので、損失だと感じやすい。

一方で、現金を紛失した場合は、はじめてチケットを購入するので、報酬だと感じやすい。

チケットの例については、トークン・エコノミー法について知っていると理解がしやすいかもしれない。


フレーミング効果の応用例

フレーミング効果は、マーケティングや広告、価格設定(プライシング)などで、ビジネスでもよく活用されている。


例えば、「満足度87%」と書くと、好評だと錯覚する。

一方で、「不満足13%」と書くと、悪い評判(損失)が気になってしまう。


また、アンカリング(アンカリング効果)によって、損失を演出することもできる。

例えば、値引きが一般的な商品サービスでは、定価のままでは損に感じるので購入しないが、定価より値引きすれば、よく売れる。

定価が基準値(アンカー)の役割になって、そことの差で判断されるためである。


フレーミング効果(認知バイアス)への対策

フレーミング効果に対処するために、企業などでは批判的思考(クリティカル・シンキング)が取り入れられている。


また、そもそも自身の認知バイアスの存在に気づくためには、自分の認知バイアスに気づくメタ認知が必要となる。

そのため、メタ認知を鍛えることなどを目的に、マインドフルネスを訓練することが広まっている。


参考



関連する心理学用語

認知心理学

行動経済学

スキーマ

シェマ(スキーマ)

ヒューリスティックス(ヒューリスティック)とアルゴリズム

認知バイアス

アンカリング(アンカリング効果)

損失回避バイアス(損失回避の法則)

自制心(セルフコントロール能力)

衝動性

意思決定

批判的思考(クリティカル・シンキング)

メタ認知

第三世代の認知行動療法

マインドフルネス


記述には慎重を期しておりますが、万一誤りや誤解を与えるような内容がありましたら、下部のコメントからご連絡いただけると助かります。

この記事が気に入ったら
いいね! してね
最新情報をお届けします
\シェアはこちらから/
スポンサーリンク
ITカウンセリングLab

コメント