損失回避バイアス(損失回避の法則)

スポンサーリンク

損失回避バイアス(損失回避の法則)とは 意味

報酬よりも損失のほうを大きく評価する心理的傾向のこと。

場合によっては、報酬よりも損失のほうが、2倍以上も大きく感じる。

損失回避性」とも呼ぶ。


損失回避バイアス(損失回避の法則)は、認知バイアスの一種である。


損失回避バイアス(損失回避の法則)の具体例

例えば、コイントスで、以下のようなゲームを行うとする。

  • 表面が出たら、30万円をもらえる
  • 裏面が出たら、20万円を支払う


この場合、平均的な損得勘定では明らかにお得なゲームになっているが、報酬(30万円)よりも損失(20万円)が大きく感じて、ゲームに参加しない人が多い。


損失回避バイアス(損失回避の法則)と関連するもの

損失回避バイアス(損失回避の法則)によって、現状維持バイアスサンクコスト(サンクコスト効果)、保有効果デフォルト効果などが説明される。


損失回避バイアス(損失回避の法則)などによって、フレーミング効果が説明される。


損失回避バイアス(損失回避の法則)と似た考え方に、符号効果がある。


損失回避バイアス(損失回避の法則)の応用例

損失回避バイアス(損失回避の法則)は、マーケティングや広告、価格設定(プライシング)などで、ビジネスでもよく活用されている。


例えば、旅行などの予約サイトでは、残席数や残部屋数を強調したり、何人が閲覧したか表示することで、予約できなくなる損失を想像させて、予約・購入を急がせようとする。

例えば、既存契約の解約違約金を負担するなどして、他社からの乗り換えを促す。


また、アンカリング(アンカリング効果)によって、損失を演出することもできる。

例えば、値引きが一般的な商品サービスでは、定価のままでは損に感じるので購入しないが、定価より値引きすれば、よく売れる。

定価が基準値(アンカー)の役割になって、そことの差で判断されるためである。


損失回避バイアス(損失回避の法則)への対策

損失回避バイアス(損失回避の法則)などの認知バイアスに対処するために、企業などでは批判的思考(クリティカル・シンキング)が取り入れられている。


また、そもそも自身の損失回避バイアス(損失回避の法則)の存在に気づくためには、自分の認知バイアスに気づくメタ認知が必要となる。

そのため、メタ認知を鍛えることなどを目的に、マインドフルネスを訓練することが広まっている。


参考


関連する心理学用語

プロスペクト理論

認知心理学

行動経済学

符号効果

フレーミング効果

スキーマ

シェマ(スキーマ)

ヒューリスティックス(ヒューリスティック)とアルゴリズム

認知バイアス

確証バイアス

正常性バイアス

アンカリング(アンカリング効果)

事前確率の無視(基準率の無視)バイアス

機能的固着(バイアス)

帰属バイアス(帰属エラー)

対応バイアス(基本的帰属錯誤)

行為者-観察者バイアス

自己奉仕バイアス(セルフ・サービング・バイアス)

公正世界仮説(公正世界信念)

現在バイアス(現在志向バイアス)

自制心(セルフコントロール能力)

衝動性

意思決定

批判的思考(クリティカル・シンキング)

メタ認知

第三世代の認知行動療法

マインドフルネス


記述には慎重を期しておりますが、万一誤りや誤解を与えるような内容がありましたら、下部のコメントからご連絡いただけると助かります。

この記事が気に入ったら
いいね! してね
最新情報をお届けします
\シェアはこちらから/
スポンサーリンク
ITカウンセリングLab

コメント