心理学用語 刷り込み(刻印づけ)

スポンサーリンク

刷り込み(刻印づけ)とは

幼少期などの短期間の経験(学習)が、長期間に渡って強い影響を及ぼすこと。(消去が難しい。)

刷り込み学習」や「インプリンティング」とも呼ばれる。

人間で言えば、「三つ子の魂百まで」ということである。


刷り込み(刻印づけ)は、オーストリアのコンラート・ローレンツ(ロレンツ)によって行われた、ヒナの愛着行動の実験によって広まった。

鳥のヒナは、卵から孵化して最初に目にしたものに対して、追尾するなどの愛着行動を示す。

例えば、初めて見た人間に愛着を示し、ヒナは人間のあとを追うようについて来るようになる。

生後間もなく臨界期(敏感期)を過ぎると、刷り込み(刻印づけ)は起こりづらくなる。


特に強化子を与えなくても成立するため、オペラント条件づけ・道具的条件づけでは説明が難しい学習である。


現在では、甲状腺ホルモン刷り込み(刻印づけ)に関与していることがわかっている。


刷り込み(刻印づけ)は、トラウマ愛着障害などを説明するメタファー(例え話)としても用いられる。

初期の経験や愛着形成が、その後の行動に大きな影響を与える。

社会的な接触を断たれると、発達が阻害され、攻撃的になったり、自傷行為などの問題行動が多くなる。

一方で、できるだけ早期に社会的な接触を増やすような介入を行うことで、徐々に社会的行動が回復していく。


以下の図は、刷り込み(刻印づけ)を広めたコンラート・ローレンツ(ロレンツ)。

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Konrad_Lorenz.JPG


短期間で学習される反応には、ガルシア効果・味覚嫌悪学習(味覚嫌悪条件づけ)もある。


関連する心理学用語

オペラント条件づけ・道具的条件づけ

比較心理学

ガルシア効果・味覚嫌悪学習(味覚嫌悪条件づけ)


参考



記述には慎重を期しておりますが、万一誤りや誤解を与えるような内容がありましたら、下部のコメントからご連絡いただけると助かります。

この記事が気に入ったら
いいね! してね
最新情報をお届けします
\シェアはこちらから/
スポンサーリンク
ITカウンセリングLab

コメント