安全行動(安全確保行動)

スポンサーリンク

安全行動(安全確保行動)とは

不安や恐怖などから安全を確保するために行われる行動のこと。短期的には不安を解消することができるが、長期的には不安が増大して逆効果となる。

社交不安障害(社交恐怖・対人恐怖症)や全般性不安障害、パニック障害や広場恐怖症、特定の恐怖症(高所、動物、閉所、嘔吐など)などの不安障害(不安症)や強迫性障害(強迫神経症)などで行われる。

安全行動(安全確保行動)は、学習理論における回避行動逃避行動であり、強迫性障害(強迫神経症)における強迫行為・儀式行為である。


外的活動(行為)だけでなく、内的活動(注意)も含まれるため、意識をそらしたり、別のことを考えたりすること(気そらし)も安全行動(安全確保行動)となる。

例えば、不安に伴って生じる心臓の鼓動などの感覚、動悸などの症状そのものを恐れ、注意をそらすようになると、どんどん不安がエスカレートして行ってパニック発作などにつながることがある。

このような現象を、森田療法では精神交互作用と呼ぶ。

生体外の刺激(外受容感覚)ではなく、生体内の刺激(内受容感覚)によって起こるレスポンデント条件づけ・古典的条件づけである内部感覚条件づけによって説明される。


内部感覚条件づけには、通常の暴露(エクスポージャー)は困難なため、マインドフルネスによる身体感覚への注意のトレーニングを行う。(内部感覚エクスポージャー)


不安に対する暴露と第三世代の認知行動療法

不安障害(不安症)は、レスポンデント条件づけ・古典的条件づけ(恐怖条件づけ)によって発生して(発生要因)、オペラント条件づけ・道具的条件づけの負の強化(回避学習・逃避学習)で維持される(維持要因)。


暴露療法(エクスポージャー法)の一種で、安全行動(安全確保行動)を妨害する暴露反応妨害法(ERP)が有効だが、いかに暴露(エクスポージャー)させるかが問題となる。


第三世代の認知行動療法では、正常な防衛反応ストレス反応である不安がなくなることはないため、不安をコントロールしようとするのではなく、いかに不安と付き合いながら、自分の人生を歩んでいくのかが強調される。

安全行動(安全確保行動)は、短期的な利益(不安の解消)を得られる維持要因となっているため、現在バイアスに逆らって、長期的な利益(自分の人生)を得ようとする動きが必要となる。


第三世代の認知行動療法であるACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)では、安全行動(安全確保行動)と似た概念を体験の回避と呼ぶ。

安全行動(安全確保行動)は特定の体験(不安)が対象だが、体験の回避はあらゆる体験が回避の対象となる。


関連する心理学用語

暴露(エクスポージャー)

パニック障害

不安障害(不安症)

強迫性障害(強迫神経症)

外受容感覚と内受容感覚(身体感覚)

自律神経系

ホメオスタシス(恒常性)

ストレスとトラウマ

防衛反応・向社会的行動

闘争・逃走反応(fight-or-flight response)

レスポンデント条件づけ・古典的条件づけ

内部感覚条件づけ

オペラント条件づけ・道具的条件づけ

強化と弱化

行動療法

暴露療法(エクスポージャー法)

認知行動療法

第三世代の認知行動療法

マインドフルネス

ACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)

体験の回避

森田療法

精神交互作用

現在バイアス(現在志向バイアス)

時間割引率(時間選好率)

満足遅延耐性


参考



記述には慎重を期しておりますが、万一誤りや誤解を与えるような内容がありましたら、下部のコメントからご連絡いただけると助かります。

この記事が気に入ったら
いいね! してね
最新情報をお届けします
\シェアはこちらから/
スポンサーリンク
ITカウンセリングLab(オンラインカウンセリング)

コメント