ネッカーの立方体(ネッカーキューブ)

スポンサーリンク

ネッカーの立方体(ネッカーキューブ)とは 意味

立方体のイメージを用いた形の錯視(幾何学的錯視)の図形(反転図形・多義図形)。

前面の線と後面の線がどちらも見えているため、どちらが前かわからない。(左図)

そのため、点線のような二つの見方ができるようになっている。(右二つ)

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Necker_cube.jpg
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Cube1.PNG
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Cube2.PNG


ネッカーの立方体(ネッカーキューブ)は、不可能の立方体(不可能キューブ)にも応用されている。


そのほかの反転図形・多義図形(ルビンの壺など)については、以下をご覧ください。

そのほかの錯視については、以下をご覧ください。


参考



関連する心理学用語

錯視(錯視画像まとめ)

反転図形・多義図形(ルビンの壺など)

不可能図形・矛盾図形・逆理図形

ゲシュタルト

マッハの本

シュレーダーの階段

シルエット錯視(スピニング・ダンサーなど)

不可能の立方体(エッシャーの『物見の塔』)


記述には慎重を期しておりますが、万一誤りや誤解を与えるような内容がありましたら、下部のコメントからご連絡いただけると助かります。

この記事が気に入ったら
いいね! してね
最新情報をお届けします
\シェアはこちらから/
スポンサーリンク
ITカウンセリングLab

コメント