エビングハウス錯視(エビングハウス錯視図形)

スポンサーリンク

エビングハウス錯視(エビングハウス錯視図形)とは 意味

丸・円などに関する大きさの錯視(幾何学的錯視)の図形。

左図のように、中心(オレンジ色)の丸の周囲に大きい丸を配置すると、中心の丸はより小さく見える。

右図のように、中心(オレンジ色)の丸の周囲に小さい丸を配置すると、中心の丸はより大きく見える。

実際には、どちらも同じ大きさの丸である。

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Mond-vergleich.svg


エビングハウス錯視は、節約法・再学習法忘却曲線で知られるヘルマン・エビングハウスによるもの。


そのほかの錯視については、以下をご覧ください。


参考


関連する心理学用語

錯視(錯視画像まとめ)

反転図形・多義図形(ルビンの壺など)

不可能図形・矛盾図形・逆理図形

ゲシュタルト

ミュラー・リヤー錯視(ミュラー・リヤーの図形)

ポンゾ錯視(ポンゾの図形)

ザンダー錯視(ザンダーの図形)

ツェルナー錯視(ツェルナーの図形)

ポゲンドルフ錯視(ポゲンドルフの図形)

ヘリング錯視(ヘリングの図形)

ヴント錯視(ヴントの図形)

カフェウォール錯視(カフェウォール図形)

ジャストロー錯視(ジャストローの図形)

デルブーフ錯視(デルブーフの図形)

節約法・再学習法

忘却曲線


記述には慎重を期しておりますが、万一誤りや誤解を与えるような内容がありましたら、下部のコメントからご連絡いただけると助かります。

この記事が気に入ったら
いいね! してね
最新情報をお届けします
\シェアはこちらから/
スポンサーリンク
ITカウンセリングLab

コメント