パブロフの犬(パヴロフの犬) ぱぶろふのいぬ(ぱゔろふのいぬ) 意味

スポンサーリンク

パブロフの犬(パヴロフの犬)とは

ロシアのイワン・パブロフ(パヴロフ)が行ったレスポンデント条件づけ・古典的条件づけの動物実験。

犬にベルの音を聞かせながら餌を与えることを繰り返すと、餌を与えなくてもベルの音を鳴らすだけで犬がヨダレをたらすようになる。


以下の図は、パブロフの犬(パヴロフの犬)の実験の様子。

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Ivan_Pavlov_research_on_dog%27s_reflex_setup.jpg


パブロフの犬(パヴロフの犬)の実験では、ベルの音(条件刺激)が餌(無条件刺激)の出現を予報する予報的信号となって働いている。

無条件刺激に対して、学習によらず先天的に起こる反射的行動を無条件反射(無条件反応)と呼ぶ。

条件刺激に対して、学習によって後天的に起こる反射的行動を条件反射(条件反応)と呼ぶ。(学習によって、中性刺激が条件刺激に変化する。)


行動主義古典的行動主義)を提唱したアメリカのジョン・ワトソンも、レスポンデント条件づけ・古典的条件づけについて、アルバート坊やの実験を行っている。


以下の図は、パブロフの犬(パヴロフの犬)の実験によって、レスポンデント条件づけ・古典的条件づけが成立する流れを示している。

最初、1)無条件刺激の餌に対してはヨダレをたらすが、2)中性刺激=条件刺激のベルの音に対してはヨダレをたらさない。

そして、3)中性刺激=条件刺激のベルの音を聞かせながら無条件刺激の餌を与えることを繰り返すと、4)条件刺激のベルの音(予報的信号)が鳴っただけでヨダレをたらすようになる。

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Pavlov%27s_dog_conditioning.svg


以下の動画は、パブロフの犬(パヴロフの犬)の実験の再現映像。(英語音声、3:02)

Video 1
https://youtu.be/yRLfRRNoZzI


関連する心理学用語

レスポンデント条件づけ・古典的条件づけ

無条件反射と条件反射

行動主義

古典的行動主義

アルバート坊や


参考



記述には慎重を期しておりますが、万一誤りや誤解を与えるような内容がありましたら、下部のコメントからご連絡いただけると助かります。

この記事が気に入ったら
いいね! してね
最新情報をお届けします
\シェアはこちらから/
スポンサーリンク
ITカウンセリングLab

コメント