手段目標分析と下位目標分析

スポンサーリンク

手段目標分析と下位目標分析とは 意味

手段目標分析(手段目標解析・手段目的分析・MEA)とは、現在の状態(As Is)と目標の状態(To Be)を比較して、その差(ギャップ)を小さくするように問題解決を行う手続き・思考法。

例えば、東京から名古屋に行くには、各駅について調べていくのではなく、早くたどり着ける新幹線について調べる。


下位目標分析(下位目標解析)とは、最終的な目標より手前の目標に対して、手段目標分析を行うこと。

例えば、東京から岐阜に行くには、まずは名古屋まで行くを目標にして調べる。


コンサルティングなどでも一般的に用いられる思考法であるが、解析スピードの求められる検索アルゴリズムや人工知能(AI)などにも用いられている。


手段目標分析下位目標分析は、ヒューリスティックス(ヒューリスティック)の一種である。

そのため、必ずしも最適解にたどり着けるとは限らない。


参考



関連する心理学用語

ヒューリスティックス(ヒューリスティック)とアルゴリズム

認知心理学

意思決定

問題解決

スキーマ

シェマ(スキーマ)

人工知能(AI)


記述には慎重を期しておりますが、万一誤りや誤解を与えるような内容がありましたら、下部のコメントからご連絡いただけると助かります。

この記事が気に入ったら
いいね! してね
最新情報をお届けします
\シェアはこちらから/
スポンサーリンク
ITカウンセリングLab

コメント