心理学用語 愛着(アタッチメント)

スポンサーリンク

愛着(アタッチメント)とは

幼少期に形成され、現実を認識する際に用いられる基本となる認識パターン。

触れ合いやアイコンタクトなどのように、言語だけでなく身体的にも形成され、大人になっても維持される。


以下は、愛着(アタッチメント)のパターンを4つに分類したもの。

神経系については、ポリヴェーガル理論(多重迷走神経理論)の観点でまとめている。

類型主な反応主要な神経系過去の体験例備考
安定型社会的関与
(social engagement)
探索行動
腹側迷走神経複合体
(ventral vagal complex)
が優位
積極的な関わり親密さを持てる
自己表現できる
不安定-回避型凍結反応・凍りつき反応
(freeze response)
受動的行動
背側迷走神経複合体
(dorsal vagal complex)
が優位
拒絶される一人を好む
意識をそらす
不安定-アンビバレント型
不安定-不安型
闘争・逃走反応
(fight-or-flight response)
衝動的行動
交感神経系
(sympathetic nervous system)
が優位
感情をぶつけられる分離・見捨てられ不安
気難しい・こだわり
無秩序-無方向型社会的関与(愛着反応)
闘争・逃走・凍結反応(防衛反応)
2つが同時に起こる
腹側迷走神経複合体
(ventral vagal complex)
の不全
虐待される矛盾した行動をとる
身体感覚に気づいていない


安定した愛着(アタッチメント)安全基地となり、そこから世界に飛び出していくことができる。

安全な避難所があれば、自立して、他者に対する思いやりを持てる。


親が安定した愛着を行えない場合、親自身も安定した愛着を受けてこなかったことが考えられる。

どうやればいいのか経験していないのでわからないのである。

そして、愛着の対象は親であればいいが、親以外でも可能である。


関連する心理学用語

愛着障害

ストレスとトラウマ

猫にくわえられたネズミ

首を引っ込めたカメ(甲羅に閉じこもったカメ)

へこまない風船とへこんだ風船

PTSD(心的外傷後ストレス障害)

複雑性PTSD・発達性トラウマ障害

境界性パーソナリティ障害(BPD)

双極性障害

エピジェネティクス

防衛反応

闘争・逃走反応(fight-or-flight response)

凍結反応・凍りつき反応(freeze response)

自律神経系

ポリヴェーガル理論(多重迷走神経理論)

外受容感覚と内受容感覚(身体感覚)

ホメオスタシス(恒常性)

マインドフルネス


参考



記述には慎重を期しておりますが、万一誤りや誤解を与えるような内容がありましたら、下部のコメントからご連絡いただけると助かります。

コメント