心理学用語 ルビンの壺(ルビンの盃・ルビンの杯)

スポンサーリンク

ルビンの壺(ルビンの盃・ルビンの杯)とは

壺(盃)と人の横顔の二通りに見える反転図形・多義図形

白い部分に注目すると、中央に壺(盃)が浮かび上がる。

黒い部分に注目すると、左右から向かい合う2人の横顔が浮かび上がる。

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Facevase.JPG


隠し絵・だまし絵(トリックアート)でもある。

反転図形・多義図形は、錯視の一種とされることもある。


図(ず)と地(じ)の分化

ルビンの壺(ルビンの盃・ルビンの杯)は、(ず)と(じ)の反転図形である。

人が対象の「形」を知覚するためには、対象を背景から分離し、1つのまとまりとして認識する必要がある。

このようにして知覚されたまとまりのある形を(figure)と呼び、その背景を(ground)と呼ぶ。


人と柱の反転

ルビンの壺(ルビンの盃・ルビンの杯)の応用として、人と柱のバージョンもある。

一見、白い柱がただ並んでいるように見えるが、柱と柱の間の黒い背景が、人の立ち姿として浮かび上がってくる。

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Daqing_Science_and_Technology_Museum_optical_illusion_pillars.jpg


そのほかの反転図形・多義図形(ルビンの壺など)については、以下をご覧ください。


関連する心理学用語

錯視(さまざまな錯視図形)

反転図形・多義図形(ルビンの壺など)

不可能図形・矛盾図形・逆理図形

ゲシュタルト

図と地

ナショナル・リーダー・ツリーの隠し絵

ドクロの隠し絵(インビジブル・スカル)

妻と義母(娘と老婆)のだまし絵(隠し絵)

アヒルとウサギのだまし絵(隠し絵)


参考



記述には慎重を期しておりますが、万一誤りや誤解を与えるような内容がありましたら、下部のコメントからご連絡いただけると助かります。

この記事が気に入ったら
いいね! してね
最新情報をお届けします
\シェアはこちらから/
スポンサーリンク
ITカウンセリングLab

コメント