ジェンダーとセクシュアリティ

スポンサーリンク

ジェンダーとセクシュアリティ(セクシャリティ)とは 意味

ジェンダー(社会的性・性差)とは、社会的・文化的に構築された性のあり方のこと。

「女は女らしく」、「男は男らしく」などと言われることである。(ジェンダー規範)

一種のステレオタイプである。


このように、性と結びつけて認知する傾向を、ジェンダー・スキーマと呼ぶ。

また、性への自己認識をジェンダー・アイデンティティ(性同一性)と呼ぶ。


セクシュアリティ(性愛・性現象)とは、人間的・欲求的に行われる性のあり方のこと。

同性愛・異性愛・両性愛などの性的指向や性自認、性表現や生物的性が含まれる。


ちなみに、セックス(性別)とは、生物的に見られる性のあり方のこと。

男女や雄雌などがある。インターセックス(性分化疾患)も考えられる。


近年では、履歴書の性別欄が、男・女の選択から、空欄の自由記入(任意記入)に変わるなど、その定義は曖昧になりつつある。


参考



関連する心理学用語

スキーマ

シェマ(スキーマ)

マズローの欲求5段階説(欲求階層説・自己実現理論)

欠乏欲求と成長欲求(存在欲求)

動因(欲求)と誘因

欲求不満(フラストレーション)

認知心理学

認知行動療法(CBT)

認知療法

スキーマ療法

認知の歪み

ステレオタイプ

イラショナル・ビリーフ(非合理的な信念)

自動思考

外言と内言

メタ認知


記述には慎重を期しておりますが、万一誤りや誤解を与えるような内容がありましたら、下部のコメントからご連絡いただけると助かります。

この記事が気に入ったら
いいね! してね
最新情報をお届けします
\シェアはこちらから/
スポンサーリンク
ITカウンセリングLab

コメント