Zoomをインストールする方法(PC)

スポンサーリンク

Zoomをダウンロードする2つのやり方

Zoomでオンラインカウンセリングやセラピー、コーチングを行うためには、あらかじめパソコンにZoomをインストールしておく必要があります。

Zoomのインストールや参加に、アカウント作成は不要です。


パソコンでZoomをインストールするには、以下の2つのやり方があります。

  • (1) ダウンロードサイトからダウンロードする
  • (2) ミーティングURL(招待URL)からダウンロードする


インストールはすぐに終わりますが、時間ギリギリにはじめると相手を待たせてしまいます。また、いざ使ってみるとうまく動かないこともあります。

できれば、(1) ダウンロードサイトから事前にインストールしておき、接続テストも実施しておきましょう。カメラやマイクがきちんと認識されるか確認できます。


ここでは、(1) ダウンロードサイトからのインストール方法を説明したあとに、(2) ミーティングURL(招待URL)からのダウンロード方法も参考に記載します。


(1) ダウンロードサイトからダウンロードする

ミーティングを開始する前に、以下のダウンロードサイトから最新のZoomアプリケーションをダウンロードできます。

Zoomダウンロードセンター
https://zoom.us/download


上記のサイトにアクセスしたら、ミーティング用Zoomクライアント「ダウンロード」をクリックします。


すると、ブラウザでZoomのダウンロードが開始します。


bingなどの検索サイトでZoomのダウンロードサイトやインストールサイトを検索すると、詐欺サイトやフィッシングサイトに誘導される事件が起こっています。

ダウンロードやインストールは、必ずドメインが「zoom.us」「us04web.zoom.us」であることを確認して行いましょう。


Zoomアプリケーションをインストールする

WindowsかMacかは自動的に判別され、OSに適したアプリケーションがダウンロードされるはずです。

  • Windowsの場合、Zoominstaller.exeもしくはZoom….exeがダウンロードされています。
  • Macの場合、Zoom.pkgがダウンロードされています。


ダウンロードしたファイルを実行すると、インストーラが起動します。画面の案内に従ってインストールを実行してください。

インストールが完了すると、以下のような画面が表示されます。


これで、いつでもパソコンからZoomミーティングに参加できる状態になりました。


Zoomアプリケーションでサインインする

このままでもZoomミーティングに参加できますが、アカウントでログインしておけば、Zoomのウェブサイトと同じような機能が利用できます。


アプリケーションでサインインするには、「サインイン」をクリックします。


画像はMacの例ですが、Wondowsもほぼ同じです。


メールとパスワードを入力し、「サインイン」してください。


このとき、「次のサインインを維持」をチェックしてからサインインすると、次回起動時に自動的にサインインした状態で起動します。


GoogleアカウントやFacebookアカウントを使ってZoomアカウントを作成した人は、メールアドレスは入力せずに「Googleでサインイン」もしくは「Facebookでサインイン」からログインします。

「SSOでサインイン」は、エンタープライズ(企業)向けの機能なので、無視してください。


サインインが完了すると、以下の画面になります。


サインインした画面からも、新規ミーティングの即時開始やスケジュール、招待された会議への参加や画面の共有を開始できます。

通常はどこからでもアクセスできるウェブサイトから予約・開催する方法がおすすめです。


(2) ミーティングURL(招待URL)からダウンロードする

以下は、直接ミーティングURL(招待URL)にアクセスしてインストールする方法です。

テストミーティングなどのURL招待URLにアクセスすると、ミーティング開始前にアプリケーションのダウンロードが可能です。


Zoomのアカウント作成が完了した画面から

Zoomのアカウントを作成完了した直後の人は、その画面からテストミーティングを開始できます。


「Zoomミーティングを今すぐ開始」をクリックします。


ZoomのテストミーティングURLから

すでにアカウント作成完了の画面を閉じてしまっている人は、以下のURLからテストミーティングを開始できます。

Zoomテストミーティング
https://zoom.us/test


上記のURLを開いたら、「参加」をクリックします。


招待URLから

Zoomセッションに招待された人は、招待URL(ミーティングURL)にアクセスすれば、テストミーティングと同様にアプリケーションのダウンロードが可能です。


例えば、以下のような招待メールが届いたとします。このメールの赤字の箇所が招待URL(ミーティングURL)になります。

オンラインカウンセリングについてお知らせします。

・日時: 20xx年xx月xx日 xx:xx

当日はZoomというWeb会議サービスを利用して行います。
お時間になりましたら、以下の招待URLから参加してください。

https://us04web.zoom.us/j/xxxxxxxxxxx?pwd=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

もし、ミーティングIDやパスコード(パスワード)の入力が求められた場合は、以下を入力してください。

ミーティングID: xxxx xxxx xxxx
パスコード(パスワード): xxxxxx


招待メールのテンプレート(雛形)利用については、「Zoomの招待状テンプレート(雛形)」をご覧ください。


いずれのやり方でも、以下の画面に遷移します。(すぐ切り替わらない場合は少しお待ちください。)

自動的にダウンロードが始まらない場合は、「ダウンロードして開始してください」もしくは「Zoomをダウンロードして実行」をクリックしてください。


ブラウザによって画面に表示される文言等が違うようです。

また、ブラウザによって、アプリケーションのダウンロードが自動的に始まるかどうかが変わります。


すると、ブラウザでZoomアプリケーションのダウンロードが開始します。

ダウンロードが完了したら、ダウンロードしたファイルを実行して、インストールを完了させてください。


Zoomを最新バージョンにアップデートするには

Zoomをアップデート(バージョンアップ)する方法については、以下をご覧ください。


Zoomでオンラインカウンセリングをはじめる7ステップ

Zoomでオンラインカウンセリングを始める方法を、7つのステップに分けて見ていきます。

Zoomでオンラインカウンセリングをはじめる7ステップ


次回は「Step 3. Zoomの接続テストを実施する」です。

以下はPC版です。


参考


Zoomは日々アップデート(バージョンアップ)されているため、最新の情報ではない可能性があります。もし情報に古い点に気づいた方は、下部のコメントからご連絡いただけると助かります。

この記事が気に入ったら
いいね! してね
最新情報をお届けします
\シェアはこちらから/
スポンサーリンク
ITカウンセリングLab

コメント