Zoomのアカウントを作成する方法

スポンサーリンク

Zoomの公式サイトにアクセスする

Zoomは、メールアドレスさえあればアカウントを作成できます。

主催者(ホスト)ではなく参加者であれば、アカウント作成は不要です。


以下のZoomの公式サイトにアクセスします。どのページからでもアカウント作成が可能です。

Zoom公式サイト
https://zoom.us/ もしくは https://zoom.us/jp-jp/meetings.html


もし、日本語表示になっていない場合は、ページ下部の言語設定(Language)から「日本語」を選択してください。ページによっては、日本語ページがないURLもありますので、基本的に上記のURLからアクセスしてください。


ページ上部のメニューの右端に、「サインアップは無料です」というボタンがあるのでクリックします。


よくわからない場合は、以下のURLから直接サインアップのページに移動できます。

Zoomアカウント作成ページ(サインアップ)
https://zoom.us/signup


「検証のために、誕生日を確認してください。」と表示されるので、生年月日を入力して「続ける」をクリックしてください。


誕生日の入力は、あなたがZoomを利用できる年齢かどうかを判定しています。入力した誕生日は、判定のためだけに利用され、データは保存されません。


「メールアドレス」を入力してから「サインアップ」ボタンをクリックしてください。「仕事用メールアドレス」と書かれていますが、普段使っているメールアドレスで構いません。


メールアドレス以外にも、GoogleアカウントやFacebookアカウントを使ってZoomアカウントを作成することもできます。その場合は、メールアドレスは入力せずに「Googleでサインイン」もしくは「Facebookでサインイン」をクリックしてください。

「SSOでサインイン」は、エンタープライズ(企業)向けの機能なので、無視してください。


ロボットかどうかを判定される「reCAPTCHA」の操作が求められた場合は、表示された画像から対象のタイルを選択して「確認」ボタンをクリックしてください。(表示されない場合もあります。)


Zoomから届くメールに記載のURLを開く

Zoomから「Zoomアカウントをアクティベートしてください」というタイトルのメールが届くので、ご自身のメールボックス(受信箱)を確認します。

メールを開いたら、「アクティブなアカウント」というボタンをクリックして、URLを開きます。


「学校を代表して申し込んでいるのか?」と訊かれるので、「いいえ」を選択してから「続ける」をクリックしてください。(ここだけまだ英語でした。)


氏名と設定したいパスワードを入力したら、「続ける」をクリックします。なお、Zoomでは基本的に”姓名”ではなく、”名姓”の順番に表示されます。


パスワードの条件は、以下の通りです。

  • 文字は8字以上
  • 1つ以上の文字(a、b、c…)
  • 1つ以上の数字(1、2、3…)
  • 大文字と小文字の両方を含む


知り合いを招待するページが表示されますが、ここは「手順をスキップする」をクリックします。「私はロボットではありません」をクリックする必要はありません。


そのままテストミーティングを開始したい場合は、「Zoomミーティングを今すぐ開始」をクリックします。

ただ、その前にZoomアプリケーションのインストールが必要になるため、次のステップを参考にアプリケーションをインストールしてください。


Zoomでオンラインカウンセリングをはじめる7ステップ

Zoomでオンラインカウンセリングを始める方法を、7つのステップに分けて見ていきます。

Zoomでオンラインカウンセリングをはじめる7ステップ


次回は「Step 2. Zoomをインストールする」です。

以下はPC版です。


参考


Zoomは日々アップデート(バージョンアップ)されているため、最新の情報ではない可能性があります。もし情報に古い点に気づいた方は、下部のコメントからご連絡いただけると助かります。

この記事が気に入ったら
いいね! してね
最新情報をお届けします
\シェアはこちらから/
スポンサーリンク
ITカウンセリングLab

コメント