Zoomの招待状テンプレート(雛形)

スポンサーリンク

Zoomに参加者をメールなどで招待する

Zoomセッションを開催・予約したら、ホスト(主催者)は参加者に招待URL(ミーティングURL)パスワードをメールなどで伝える必要があります。

ただ、そのままではやり方の説明がないため、参加者やクライアントは困ってしまいます。

そこで、どのような内容の招待状や招待メールを送るべきか、参考にできるテンプレートを準備しました。


Zoomの招待状テンプレート(雛形)

赤字の箇所を書き換えてご利用ください。


○○様

オンラインセッションについてお知らせします。

・日時: 20xx年xx月xx日 xx:xx

当日はZoomというWeb会議サービスを利用して行います。
お時間になりましたら、以下の招待URLから参加してください。

https://us04web.zoom.us/j/xxxxxxxxxxx?pwd=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

もし、ミーティングIDやパスワードの入力が求められた場合は、以下を入力してください。

ミーティングID: xxxx xxxx xxxx
パスワード: xxxxxx


(1) パソコンから参加する場合

以下のURLから、事前に「ミーティング用Zoomクライアント」をダウンロードして実行してください。

https://zoom.us/download(Zoomダウンロードセンター)

開始時間になったら、招待URLをクリックして参加できます。

(2) スマートフォン、タブレットから参加する場合

以下のURLから、事前に「Zoom Cloud Meeting」をダウンロードしてください。

・iPhone / iPad: https://apps.apple.com/jp/app/zoom-cloud-meetings/id546505307
・Android: https://play.google.com/store/apps/details?id=us.zoom.videomeetings&hl=ja

開始時間になったら、招待URLをクリックして参加できます。


(3) 事前のご案内

・必要な方は、上記のURLからZoomを最新バージョンにアップデートしてください。

・パソコンからの参加が初めての方は、以下のURLからカメラ・マイク・スピーカーのテストを行ってください。
https://zoom.us/test(Zoomテストミーティング)

※詳しいやり方は、以下をご覧ください。
https://it-counselor.net/zoom-test-pc(Zoomの接続テストを参加前に実施する)

・万一つながらない場合は、以下をご覧ください。
https://it-counselor.net/zoom-trouble-pc(Zoomのトラブルシューティングの流れ)

・表示するお名前はお申し込み時と同じ名前にしてください。

・カメラが逆光とならないように注意しましょう。

・セッション中は、他のアプリケーションを終了してください。


(4) 緊急時の連絡先

万一つながらない場合は、以下に直接ご連絡ください。

・Facebook: https://www.facebook.com/xxxxxxxx/
・電話番号: 0x0-xxxx-xxxx


招待URL(ミーティングURL)ミーティングパスワードは必ず通知するようにしてください。

こうすることで、スムーズにZoomを開催できます。


Zoomの招待状テンプレートの使い方(予約開催の場合)

招待状の赤字の箇所にコピー&ペーストするためのミーティング情報の場所について説明します。


以下から公式サイトにサインイン(ログイン)します。

Zoomサインイン(ログイン)ページ
https://zoom.us/signin


左メニューから「ミーティング」をクリックします。

「次回のミーティング」タブに予約したミーティングの一覧が表示されているので、招待状を作りたいミーティングを開きます。


「招待状をコピーする」をクリックして、開いた画面から「ミーティングの招待状をコピー」してください。


以下のような内容がクリップボードにコピーされます。

招待状のコピー

○○さんがあなたを予約されたZoomミーティングに招待しています。

トピック: マイミーティング
時間: 20xx年xx月xx日 xx:xx 大阪、札幌、東京

Zoomミーティングに参加する
https://us04web.zoom.us/j/xxxxxxxxxxx?pwd=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

ミーティングID: xxxx xxxx xxxx
パスワード: xxxxxx


あとは、紹介状テンプレート(雛形)の赤字の箇所を書き換えてご利用ください。


Zoomの招待状テンプレートの使い方(予約開催の場合)

招待状の赤字の箇所にコピー&ペーストするためのミーティング情報の場所について説明します。


以下から公式サイトにサインイン(ログイン)します。

Zoomサインイン(ログイン)ページ
https://zoom.us/signin


左メニューから「ミーティング」をクリックします。

「次回のミーティング」タブに予約したミーティングの一覧が表示されているので、招待状を作りたいミーティングを開きます。


「招待状をコピーする」をクリックして、開いた画面から「ミーティングの招待状をコピー」してください。


以下のような内容がクリップボードにコピーされます。

招待状のコピー

○○さんがあなたを予約されたZoomミーティングに招待しています。

トピック: マイミーティング
時間: 20xx年xx月xx日 xx:xx 大阪、札幌、東京

Zoomミーティングに参加する
https://us04web.zoom.us/j/xxxxxxxxxxx?pwd=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

ミーティングID: xxxx xxxx xxxx
パスワード: xxxxxx


あとは、紹介状テンプレート(雛形)の赤字の箇所を書き換えてご利用ください。


Zoomミーティングを開催する2つの方法

Zoomセッションを開催するには、通常2つの方法があります。

  • (1) ミーティングをスケジュール(予約)する
  • (2) ミーティングを即時開催する

ミーティングの開催方法は、以下をご覧ください。


参考


Zoomは日々アップデート(バージョンアップ)されているため、最新の情報ではない可能性があります。もし情報に古い点に気づいた方は、下部のコメントからご連絡いただけると助かります。

この記事が気に入ったら
いいね! してね
最新情報をお届けします
\シェアはこちらから/
スポンサーリンク

スマホを開けば仕事や人間関係がはじまるIT社会で、心の問題は増え続けています。

心を情報としてシェアするオープンな社会において、『心理感染』が引き起こされるのは当然のことと言えます。

心理感染のストレスに強くなるため、人々はマインドフルネスであることが求められ、メンタルの免疫を癒し、活性化するためのカウンセリングが必要となります。

・メッセージカウンセリング
・音声通話カウンセリング
・ビデオカウンセリング

ITカウンセリングLab

コメント