預言カフェに行ってきました(文字起こし)

スポンサーリンク

珈琲専門店『預言CAFE』とは

預言カフェは高田馬場や赤坂にあるカフェ・喫茶店です。友人と行ってきました。

キリスト教会が運営しているらしく、一杯の美味しいコーヒーを頼むと漏れなくスタッフの方から預言を話してもらえます。


録音OKというか録音する決まりらしいので、録音できるスマートフォンやボイスレコーダー(ICレコーダー)などを持参しましょう。録音した預言は書き起こしが推奨されているみたいです。

神の言葉として話されるのでどうしても宗教色を感じてしまいますが、強引な勧誘などはありません。


予言ではなく預言ですので、未来を予測・予知するようなものではなさそうです。その点で占いなどとも違いますね。

自分が考えていること、思っていること、話していたことについて、ただただ支持してくれるような、励ましてくれるような、カウンセリングでの支持と同じものを感じました。


それでは、私に降りた預言を書き起こしてみたいと思います。


私に降りた預言の文字起こし

主が言われます。愛する我が息子よ。私はあなたを愛している。と主が言われます。

あなたが益々自分で決めていく。人のアドバイスではなく、あなたがはっきりと断言していく。あなたの思いを益々正直に語っていく。あなたの心を表していきます。と主が言われます。無理しなくて大丈夫ですよと。

焦るときも大切かもしれない。しかし、その中でもあなたが益々自分を表しながら、YesはYes、NoはNo、とあなたが心の中でただ思うだけはでなく言葉にして、私はあなたを表すことができるようにしていきます。

上下関係の厳しい中であっても、私があなたの心(1.5秒沈黙)に対して、愛を、癒しを注いでいきます。一人一人を思いやっているそのことを私は喜んでいます。と主が言われます。

何か寂しさ、あなたが孤独感を感じることがあるかもしれない。しかし、根本的な癒しを与えていきます。と主が言われます。本当に、人を大切にしていく、そのあなたの優しさ、私は喜んでいます。と主が言われます。

なぜ自分だけが、というその思いがあるかもしれない。しかし、あなたが(1.5秒沈黙)やるべきこと、していくことができるように、私はあなたに勇気を与えていきます。と主が言われます。

(3秒沈黙)私がいるそのことを益々あなたに気づかせていきます。と主が言われます。あなたにしかわからない方法で語っていきます。人がガッカリしても、あなたが人の(1.5秒沈黙)周りの評価を気にしすぎて、自分がやりたいことができない、その中であっても、あなたが切り込んでいく、ズバッと、ぐうの音も出ない、そのあなたの心、言葉に力強さを与えていきます。

間違いが正されていく、そのように真実を語っていく、その訓練と、あとあなたの流した涙が、無駄ではなく、怒りやそれらで終わるのではなく、最後喜びで、あなたがこれが本物だと思える、あなたの人生を全力で走っていく、もの足りなさや、納得できないので終わるのではなく、あなたがあなたの心を燃やしていきます。

生きがい、やりがい、虚しさではなく、やりたいものはやりたいと、あなたが宣言していく、言うことによって弾かれることを恐れてはいけない。と主が言われます。

あなたの誠実なその声に私が応えていきます。奇跡があるだろうかというその思いに対して、あなたがわかるように示していきます。ちょっとしたものでも、偶然ではなく私が起こしているそのことも、あなたに語っていきます、期待してください。と主が言われます。


文字起こしを終えて

私も疲れて無気力状態になることがありますが、全体的にはエネルギーが溢れていることを実感しました。それも、外に溢れ出るくらい。他燃性ではなく自燃性ですね。

見た目は落ち着いて見られるのに、話してみると熱いものを持っているとか、優しさを持っていると言われます。


こうと決めたら突き進む頑固さというか使命感みたいなものありますが、それは自覚しているので、人と接するときは気をつけています。

でも、自分を表現しないのではなく、上手に表現していくこともアサーティブな観点で必要です。


預言の冒頭では、そういったアサーション的な取り組みを「無理するな」と言われているようにも感じます。

他者や未来のことばかり意識するのではなく、自分や現在を大切にすることはとても大切なことです。

自分のため今ここのため、そう思える範囲で前向きに取り組んでいく姿勢を大切にしたいと思います。


他者や未来は変えられず、自分や現在は変えられます。

変えられることにフォーカスするのが解決志向型アプローチ(ソリューション・フォーカスト・アプローチ)ですが、自分ができる範囲でやることが無理しないポイントなのかもしれません。

日常
この記事が気に入ったら
いいね! してね
最新情報をお届けします
\シェアはこちらから/
スポンサーリンク

スマホを開けば仕事や人間関係がはじまるIT社会で、心の問題は増え続けています。

心を情報としてシェアするオープンな社会において、『心理感染』が引き起こされるのは当然のことと言えます。

心理感染のストレスに強くなるため、人々はマインドフルネスであることが求められ、メンタルの免疫を癒し、活性化するためのカウンセリングが必要となります。

・メッセージカウンセリング
・音声通話カウンセリング
・ビデオカウンセリング

ITカウンセリングLab

コメント