【Zoom】参加者を招待する方法(PC)

スポンサーリンク

Zoomセッション中には、さまざまな機能について操作が可能です。ここでは、ミーティング中に参加者を招待する方法を見ていきます。

Zoomの最新アップデート情報は、更新ページ(リリースノート情報)やTwitterの通知bot(@zoom_info_jp)をご覧ください。


画像はMacの例ですが、Wondowsもほぼ同じです。


参加者を招待する

ホスト(主催者)や参加者は、参加者を招待することができます。

スケジュール予約せずに即時開催したインスタントミーティングは、ここから招待に必要な情報を確認できます。


それには、「参加者」から操作する方法、「ミーティングの情報」から操作する方法の2つがあります。


「参加者」から参加者を招待する

「参加者」をクリックすると、右に参加者リストを表示する画面が開きます。


以下は、参加者の画面です。


ここでは、参加者は「招待」のほかに、「ミュート / ミュート解除」や「手を挙げる / 手を降ろす」ことができます。


以下は、ホスト(主催者)の画面です。


ここでは、ホスト(主催者)は「招待」のほかに、「すべてミュート」などの操作が可能です。


「招待」をクリックすると、以下の画面が立ち上がります。

メールサービスへの連携も可能ですが、「URLのコピー」「招待のコピー」をしてからメーラーに直接貼り付けるほうがおすすめです。


「URLのコピー」をクリックすると、以下のような招待URL(ミーティングURL)がクリップボードにコピーされます。

招待URLのコピー(赤塗り箇所がミーティングID)

https://us04web.zoom.us/j/xxxxxxxxxxx?pwd=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx


「招待のコピー」をクリックすると、以下のような招待状がクリップボードにコピーされます。

招待状のコピー

Zoomミーティングに参加する
https://us04web.zoom.us/j/xxxxxxxxxxx?pwd=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

ミーティングID: xxxx xxxx xxxx
パスコード: xxxxxx

パスコードは、パスワードの意味です。


招待メールのテンプレート(雛形)利用については、「Zoomの招待状テンプレート(雛形)」をご覧ください。


「ミーティングの情報」から参加者を招待する

マークをクリックすると、ミーティングの情報が表示されます。


ここから、以下の情報が確認確認できます。

  • ミーティングID
  • ホスト(主催者)の名前
  • パスコード(パスワードから表記が変更となりました)
  • 数字のパスワード(電話回線などで利用するが通常不要)
  • 招待URL(ミーティングURL)
  • 参加者ID
  • データセンターの所在地(ここでは米国に接続されています)


招待メールのテンプレート(雛形)利用については、「Zoomの招待状テンプレート(雛形)」をご覧ください。


ホストがミーティング開始前に参加者を招待したい場合

ホスト(主催者)がミーティング開始前に参加者を招待するには、ミーティングをスケジュールした際に行います。

詳しくは以下をご覧ください。


参考


Zoomは日々アップデート(バージョンアップ)されているため、最新の情報ではない可能性があります。もし情報に古い点に気づいた方は、下部のコメントからご連絡いただけると助かります。

この記事が気に入ったら
いいね! してね
最新情報をお届けします
\シェアはこちらから/
スポンサーリンク
ITカウンセリングLab

コメント