Zoomのシステム要件(動作環境チェックリスト)

スポンサーリンク

Zoomが動作するためのシステム要件

ビデオ伝送を行うZoomが快適に動作するには、それなりのスペックのパソコンやOS、ネットワークなどの環境が必要になります。

ここでは、Zoom公式サイトのシステム要件をまとめた上で、Zoomの動作に必要となる環境をチェックリスト形式でまとめます。


Zoomのシステム要件(PC)

PC、Mac、Linuxのシステム要件

ZoomがサポートするOS(オペレーティングシステム)

  • macOS XとmacOS 10.9以降
  • Windows 10
    :Windows 10を実行しているデバイスでは、Windows 10 Home、Pro、またはEnterpriseを実行する必要があります。Sモードはサポートされていません。
  • Windows 8または8.1
  • Windows 7
  • Windows Vista with SP1以降
  • Windows XP with SP3以降
  • Ubuntu 12.04以降
  • Mint 17.1以降
  • Red Hat Enterprise Linux 6.4以降
  • Oracle Linux 6.4以降
  • CentOS 6.4以降
  • Fedora 21以降
  • OpenSUSE 13.2以降
  • ArchLinux(64ビットのみ)
  • Zoomがサポートするブラウザ

  • Windows:IE 11+、Edge 12+、Firefox 27+、Chrome 30+
  • Mac:Safari 7+、Firefox 27+、Chrome 30+
  • Linux:Firefox 27+、Chrome 30+

  • Zoomのシステム要件(スマホ・タブレット)

    iOSとAndroidのシステム要件

    ZoomがサポートするOS(オペレーティングシステム)

  •  iOS 7.0またはそれ以降:
    •  フロントまたはリアカメラを使用したビデオの送受信
    •  iPhone 4またはそれ以降、iPad Pro、iPad Mini、iPad 2またはそれ以降、 iPod touch(第4世代)、 iPhone 3GS(フロントカメラなし)
  • Android 4.0xまたはそれ以降
  • Kindle Fire HD
  • Zoomがサポートするブラウザ(Web Start用)

  • iOS:Safari5+、Chrome
  • Android:Webkit(デフォルト)、Chrome

  • Zoomの動作環境チェックリスト(PC)

    WindowsやMacなどのパソコンに関する動作環境のチェックリストです。

    クリックすると詳細が開きますので、気になる点を確認してください。

    Zoomの利用には、有線もしくは無線のインターネット回線が必要になります。

    特に無線については、ビデオ伝送に多くのパケットを消費しますので、必ず定額プランかWi-Fiを設定して利用するようにしましょう。


    実際に消費する通信量は、「表示するビデオの数」、「表示するビデオのサイズ」、「ビデオ映像上での動きの多さ」などによって異なるため、一概には言えません。

    そういった条件を揃えずに通信量を比較検討している記事も見受けられますが、参考程度に留めておきましょう。


    ネットワークの帯域や安定性を確認するには、一度接続テストした方が簡単です。

    Zoomのテストミーティングについては、以下のページをご覧ください。


    もしネットワークに不安がある場合は、Zoomの設定画面でHD画質を無効にすることをおすすめします。(デフォルトでは無効になっています。)

    「ビデオの停止」や「ビデオの開始」の右横にある「 ^ 」マークをクリックして、「ビデオ設定」を開き、マイビデオの「HDを有効にする」のチェックを外します。

    Zoomの利用には、ビデオカメラやマイク、スピーカーが必要となります。

    特にビデオカメラやマイクが内蔵されていないパソコンの場合は、別途Webカメラ(HDカメラ)やマイク、ヘッドセットなどを準備する必要があります。


    Zoomに必要な機器については、以下をご覧ください。

    通常はWindowsかMacを利用すると思いますが、バージョンによっては動作しないことがあります。

    サポートされているOS(オペレーティングシステム)については、必ず公式情報を確認しましょう。

    Zoomヘルプセンター:PC、Mac、Linuxのシステム要件
    https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362023-PC-Mac-Linuxのシステム要件


    パソコンのOSによって、サポートされているブラウザは異なります。

    サポートされているブラウザについては、必ず公式情報を確認しましょう。

    Zoomヘルプセンター:PC、Mac、Linuxのシステム要件
    https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362023-PC-Mac-Linuxのシステム要件

    ビデオ伝送にはある程度のスペックが必要となります。


    すでにお持ちのパソコンのスペックを確認するには、一度接続テストした方が簡単です。

    Zoomのテストミーティングについては、以下のページをご覧ください。

    もしバーチャル背景を利用する予定がある場合は、高スペックのパソコンが必要になります。


    バーチャル背景は、部屋の様子を映したくないときに、背景に画像を合成できる機能です。


    バーチャル背景に必要な最低スペックは、以下の公式サイトを見る限り、「デュアルコア2Ghz以上(i5/i7またはAMD相当)プロセッサ(CPU)」が必要です。

    グリーンスクリーン・グリーンバック(緑の布など)がない場合は、さらに高スペックのパソコンが必要となります。

    Zoomヘルプセンター:バーチャル背景
    https://support.zoom.us/hc/ja/articles/210707503-バーチャル背景



    Zoomの動作環境チェックリスト(スマホ・タブレット)

    スマートフォンやタブレットなどのモバイルに関する動作環境のチェックリストです。

    クリックすると詳細が開きますので、気になる点を確認してください。

    Zoomの利用には、有線もしくは無線のインターネット回線が必要になります。

    特に無線については、ビデオ伝送に多くのパケットを消費しますので、必ず定額プランかWifiを設定して利用するようにしましょう。


    ネットワークの帯域や安定性を確認するには、一度接続テストした方が簡単です。

    Zoomのテストミーティングについては、以下のページをご覧ください。

    通常はiOS(iPhone・iPad)かAndroidを利用すると思いますが、バージョンによっては動作しないことがあります。

    サポートされているOS(オペレーティングシステム)については、必ず公式情報を確認しましょう。

    Zoomヘルプセンター:iOSとAndroidのシステム要件
    https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201179966-iOSとAndroidのシステム要件

    アプリをダウンロードして利用する場合は、ブラウザはほとんど利用しませんが、招待URL(ミーティングURL)からミーティングに参加する場合はブラウザを経由します。

    特殊なブラウザを利用していない限りは大丈夫です。


    Zoomで接続テストを参加前に実施する

    必要な機器は一通り揃っているのであれば、一度接続テストしてしまった方が動作を簡単に確認できます。

    詳しくは以下のページをご覧ください。


    Zoomに必要な機器を選ぶ

    Zoomに必要な機器を購入する際は、以下を参考にしてください。


    参考


    Zoomは日々アップデート(バージョンアップ)されているため、最新の情報ではない可能性があります。もし情報に古い点に気づいた方は、下部のコメントからご連絡いただけると助かります。

    この記事が気に入ったら
    いいね! してね
    最新情報をお届けします
    \シェアはこちらから/
    スポンサーリンク

    スマホを開けば仕事や人間関係がはじまるIT社会で、心の問題は増え続けています。

    心を情報としてシェアするオープンな社会において、『心理感染』が引き起こされるのは当然のことと言えます。

    心理感染のストレスに強くなるため、人々はマインドフルネスであることが求められ、メンタルの免疫を癒し、活性化するためのカウンセリングが必要となります。

    ・メッセージカウンセリング
    ・音声通話カウンセリング
    ・ビデオカウンセリング

    ITカウンセリングLab

    コメント