【Zoom】画面を共有する方法(PC)

スポンサーリンク

Zoomセッション中には、さまざまな機能について操作が可能です。ここでは、ミーティング中に参加者が画面を共有する方法を見ていきます。

Zoomの最新アップデート情報は、更新ページ(リリースノート情報)やTwitterの通知bot(@zoom_info_jp)をご覧ください。


画像はMacの例ですが、Windowsもほぼ同じです。


「画面を共有」はデフォルトでホストのみ許可されるようになりました。(2020/5/17 update)

デフォルト設定を変更したい場合は、Zoom公式サイトにログインし、左メニューの「設定」から、「共有できるのは誰ですか?」「全参加者」に変更して「保存」してください。


画面を共有する

「画面を共有」をクリックすると、画面共有・アプリケーション共有・ホワイトボードなどを開始できます。


Macでは最初に画面共有しようとした際に、アクセス権限を付与するよう促される場合があります。

ダイヤログに従って、「システムの設定」「セキュリティ&プライバシー」を開き、「画面収録」「zoom.us.app」をチェックして画面共有を許可してください。

設定後にZoomを再起動する必要がありますので、再度ミーティングに参加してください。


画面を共有すると、参加者の画面が全画面表示に自動的に切り替わります。参加者側の操作で元に戻すことも可能です。


ホスト(主催者)によって「画面の共有はホストのみ」に設定されている場合は、参加者は画面を共有できません。

ホスト(主催者)は、「セキュリティ」もしくは「画面を共有」の右横にある「 ^ 」マークから「高度な共有オプション」を開き、参加者に画面の共有を許可できます。


ベーシック

上部にあるタブで「ベーシック」を選ぶと、デスクトップ画面全体の共有やアプリケーション単位の共有、ホワイトボードなどの機能を利用できます。それぞれ選択して「画面の共有」をクリックして開始します。


「コンピューターの音声を共有」をチェックすると、画面だけでなく、コンピューターで流す操作音や音楽などの音声も参加者に共有できます。チェックすると、「Zoomオーディオデバイス」のインストールが促される場合があります。


Web会議やビデオ会議では、音声関連のトラブルがよくあります。コンピューターの音声を共有する場合も、事前にテストしておくことをおすすめします。


「ビデオクリップに対して画面共有を最適化」をチェックすると、ビデオ再生を共有する際に共有を最適化してくれます。右上のビデオサムネイルを最小化します。また、動画がカクカクしない代わりに、画面がボヤけた感じになります。

これは、動画がカクカクしないようにフレームレート(fps)を高くする代わりに、ネットワーク帯域が逼迫しないように画質を低下させているためです。

自動的に「コンピューターの音声を共有」がチェックされますが、映像だけで音声は不要であればチェックを外しましょう。


快適な動画の共有には、広帯域のネットワーク回線が必要になります。参加者から見て動画が快適に視聴できているか、事前にテストしておくことをおすすめします。


各項目について、それぞれ詳しく見ていきます。


デスクトップ共有(Desktop 1〜)

デスクトップ画面全体の共有を開始します。モニターやディスプレイが複数ある場合はDesktopも複数表示されます。


以下の画像のように、デスクトップ全体が緑枠で囲まれていて、全体が画面共有されていることを示しています。デスクトップ全体の共有ですので、アプリケーション画面もそのまま表示されます。

デスクトップ共有を終了したい場合は、「共有の停止」をクリックします。


ホワイトボード

ホワイトボードの共有を開始します。共有されるのは赤枠のホワイトボードだけで、重なっている右上のビデオサムネイルなどは共有されません。


iPhone/iPad(AirPlay使用)

無線(AirPlay)を利用して接続し、iPhone/iPadの画面を共有します。

iPhone/iPadを共有するためには、プラグインのインストールが必要となる場合があります。


詳しくは、以下のZoom公式ヘルプをご覧ください。
https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201379235-Zoomデスクトップクライアントを使用してiOS画面共有


iPhone/iPad(ケーブル使用)

有線ケーブル(Lightningケーブル)を利用して接続し、iPhone/iPadの画面を共有します。

Mac向けの機能で、Windowsでは利用できません。


詳しくは、以下のZoom公式ヘルプをご覧ください。
https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201379235-Zoomデスクトップクライアントを使用してiOS画面共有


アプリケーション共有(アプリケーション名)

起動しているアプリケーションを選択して、アプリケーション画面のみの共有を開始します。複数起動しているアプリケーションがある場合は、アプリケーション名も複数表示されます。最小化されているアプリケーションは選択できません。


以下の画像のように、選択したアプリケーションが緑枠で囲まれていて、そのアプリケーションだけ画面共有されていることを示しています。重なっている右上のビデオサムネイルなどは共有されません。


詳細

上部にあるタブで「詳細」を選ぶと、画面の部分共有や音声のみ、第2カメラなどの機能を利用できます。それぞれ選択して「画面の共有」をクリックして開始します。


画面の部分

「画面の部分」を選択すると、画面内で選択された範囲だけを部分共有することができます。選択範囲は四角形で始まり、サイズを変更することができます。


以下の画像のように、選択された範囲が緑枠で囲まれていて、その領域だけ画面共有されていることを示しています。重なっている右上のビデオサムネイルは共有されません。


コンピューターサウンドのみ

画面を共有せずにコンピューターの音声のみを共有します。コンピューターで流す音楽などを参加者と共有する音楽配信が可能です。


第2カメラのコンテンツ

ドキュメントカメラ(書画カメラ)などのパソコンに接続された第2ビデオカメラの映像を共有することができます。オンライン授業・講義などに利用されます。


ファイル

上部にあるタブで「ファイル」を選ぶと、「Microsoft OneDrive」、「Google Drive」、「Box」などのクラウドストレージのファイルを画面共有できます。それぞれ選択して「画面の共有」をクリックして開始します。


Microsoft OneDrive

選択すると、ブラウザから「Microsoft OneDrive」を開き、ファイルを画面共有できます。


Google Drive

選択すると、ブラウザから「Google Drive」を開き、ファイルを画面共有できます。


Box

選択すると、ブラウザから「Box」を開き、ファイルを画面共有できます。


高度な共有オプション

「画面を共有」の右横にある「 ^ 」マークをクリックすると、画面共有の詳細メニューが開きます。


それぞれ詳しくは、以下をご覧ください。


参考


Zoomは日々アップデート(バージョンアップ)されているため、最新の情報ではない可能性があります。もし情報に古い点に気づいた方は、下部のコメントからご連絡いただけると助かります。

この記事が気に入ったら
いいね! してね
最新情報をお届けします
\シェアはこちらから/
スポンサーリンク
ITカウンセリングLab

コメント