【Zoom】セルフビューを非表示 / 表示する方法(PC)

スポンサーリンク

Zoomセッション中には、さまざまな機能について操作が可能です。ここでは、ミーティング中に参加者がセルフビュー(自分のビデオビュー)を非表示 / 表示する方法を見ていきます。

Zoomの最新アップデート情報は、更新ページ(リリースノート情報)やTwitterの通知bot(@zoom_info_jp)をご覧ください。


画像はMacの例ですが、Wondowsもほぼ同じです。


セルフビュー(自分のビデオビュー)を非表示 / 表示する

ビデオビューにカーソルを重ねる(マウスオーバーする)と、「ミュート / ミュート解除」と詳細メニュー「…」が開きます。詳細メニューはビデオ上をクリックしても開きます。

ここで、「セルフビューを非表示」をクリックします。


「セルフビューを表示」で元に戻ります。


「セルフビューを非表示」は「ギャラリービュー」のときしか機能しないようです。


自分のビデオを他の参加者に送りたくない場合

「セルフビューを非表示」は、自分の画面だけ非表示にする機能です。他の参加者には自分のビデオが表示されています。

もし他の参加者にも自分のビデオを表示したくない場合は、必ず「ビデオの停止」を行ってください。


「セルフビューを非表示」ではなく「ビデオを停止」した場合は、上の画像のように黒い枠自体は残り、ビデオではなく名前が表示されます。


参考


Zoomは日々アップデート(バージョンアップ)されているため、最新の情報ではない可能性があります。もし情報に古い点に気づいた方は、下部のコメントからご連絡いただけると助かります。

この記事が気に入ったら
いいね! してね
最新情報をお届けします
\シェアはこちらから/
スポンサーリンク
ITカウンセリングLab

コメント