Zoomの最新アップデート情報(時系列)随時更新

スポンサーリンク

このページは、Zoomのリリースノート(最新アップデート情報)の時系列情報をリンクしています。

サイトは機械翻訳を利用していますが、うまく日本語に翻訳されない場合は直接リンク先をご覧ください。

Twitterの通知アカウントもあります。@zoom_info_jpをフォローしてください。


Zoomのアップデート(バージョンアップ)方法は、以下のページをご覧ください。

New Updates for September 21, 2020

New Updates for September 21, 2020

ズームクライアントの新しい更新

バージョン番号を含む完全なノートについては、オペレーティングシステムのリリースノートを参照してください。
ウィンドウズ| マックOS| Linux| iOS *| アンドロイド

* iOSリリースにはAppleの承認が必要であり、App Storeに表示されるまでさらに数日かかる場合があります。

新機能および拡張機能

  • 一般的な機能
    • カレンダー統合の同期の改善 -Windows、macOS、Linux、Android、iOS
      デスクトップクライアントで会議を削除すると、書き込み権限が付与されている場合、同期されたカレンダーのカレンダーイベントが削除されるようになりました。
    • スケジュール設定時の拡張国編集インターフェース -Windows、macOS、Linux、Android、iOS
      スケジュール時に会議の招待に含まれるダイヤルイン国を調整する機能が強化され、国の追加、削除、並べ替えが簡単になりました。
    • Outlookクライアントとの統合の強化 - ウィンドウズ
      ズームデスクトップクライアントとOutlookクライアントの統合には、ズームステータスとプロファイル画像をOutlookに同期するオプションが用意されています。
    • スタジオエフェクト -Windows、macOS
      ユーザーは、眉、口ひげとあごひげ、唇のカラーフィルターをビデオの外観の一部として適用できるようになりました。この機能は現在ベータ版です。
    • デフォルト設定による拡張ス​​ケジューリング -Windows、macOS、Linux、Android、iOS、Outlook / Googleプラグイン
      新しい会議をスケジュールすると、常にユーザーのWeb設定がチェックされ、デフォルトとして使用されます。デフォルトからの変更は、その会議のみに保存されます。
    • デバイスのオーディオを共有する -Android
      モバイルユーザーは、モバイルアプリを使用して、会議でデバイスの音声を共有できるようになりました。注:すべてのモバイルアプリがオーディオの共有をサポートしているわけではないため、機能は異なります。
    • Androidの仮想バックグラウンドサポート -Android
      Androidユーザーは、仮想背景機能を利用できるようになりました。この機能には、Android 8.0以降と8コア以上のプロセッサが必要です。サポートされるプロセッサーには、Qualcomm 835、Samsung Exynos 9810、Huawei Kirin 980が含まれます。
    • 追加のMSI / GPOオプション -Windows、macOS
      • 話すときに自分にスポットライトを当てる -zPolicy_EnableSpotlightSelf
      • ギャラリービューの画面ごとに最大49人の参加者を表示する -zPolicy_Enable49Video
      • 思い出させる()次回の会議の数分前 -zPolicy_EnableRemindMeetingTime
      • デフォルトのビデオレンダリング方法 - ウィンドウズ
        zPolicy_VideoRenderMethod
    • MDM経由でデスクトップクライアントをアンインストールする - マックOS
  • 会議/ウェビナー機能
    • ロールアップクローズドキャプション -Windows、macOS
      新しいキャプションが追加されると、クローズドキャプションがロールアップされます。ユーザーは、テキストをドラッグしてキャプションを移動することもできます。
    • 仮想背景の互換性のない説明 -Windows、macOS
      仮想バックグラウンド機能を使用できない場合、デスクトップクライアントは明確化を提供します。たとえば、i7-5500Uプロセッサは現在、この機能と互換性がありません。
  • 会議機能
    • 小会議室を自己選択 -Windows、macOS、Linux、Android、iOS
      主催者は、参加者が参加したい小会議室を自分で選択できるオプションで小会議室を作成できるようになりました。有効にすると、参加者は主催者の助けを必要とせずに小会議室の間を自由に移動できます。
    • Microsoft SharePointとファイルを共有する -Windows、macOS
      出席者は、会議中のチャットを介してSharePointから直接ファイルを共有できるようになりました。
  • チャット機能
    • IMリストでチャットボットを非表示にする -Windows、macOS、Android、iOS
      ユーザーは、管理者が使用していないチャットボットを非表示にできます。
    • IMチャットのリンクの右クリックメニュー -Windows、macOS、Android、iOS
      リンクを右クリックするとメニューが表示され、リンクをコピーまたは開くオプションが提供されます。
    • 改善された画像プレビューと画像ビューア -Windows、macOS、Android、iOS
      IMチャットで送信された画像は送信されたテキストとよりよく統合され、画像はZoomデスクトップクライアントの新しい画像ビューア内で開きます。
    • 拡張リンクプレビュー -Windows、macOS、Android、iOS
      会議のズームリンクに、会議名、ID、開始時刻、参加ボタン、会議の所要時間などの詳細が表示されるようになりました。
    • 拡張検索 -Windows、macOS、Android、iOS
      デスクトップユーザーは、ファイル検索の順序、送信者、および日付フィルターでフィルターできます。モバイルユーザーは、ファイル検索の順序でフィルタリングできます。すべての画像検索結果は、サムネイルプレビューとして表示されます。チャネルと連絡先の結果も独自のカテゴリに分割されます。ユーザーは最近の検索のリストをクリアすることもできます。
    • 画像とファイルを未読にする -Windows、macOS、Android、iOS
      転送されたファイルと画像は未読としてマークすることもできます。

解決された問題

  • SAMLマッピングを調整した後の強制SSOサインアウトの問題を解決-Linux
  • 小会議室がメインセッションの設定/制限に従っていない問題を解決しました-Windows、macOS、Linux、Android、iOS
  • 一部のウェビナーチャットが保存されない問題を解決-Windows、macOS
  • 一部のユーザーが以前にサインインしたアカウントのプロフィール写真を使用して会議に参加した問題を解決しました-Windows
  • ホストが特定のアクションを実行するとキーボードフォーカスがCC入力からシフトする問題を解決-Windows
  • HIPAA準拠の会議でチャットメッセージをコピーできる問題が解決されました-Windows、macOS
  • デスクトップクライアントでボイスメールを取得できない問題を解決-Windows
  • MSI経由でクライアント5.0を更新する際の問題を解決しましたが、ズームはデフォルトで以前のバージョンになっています-Windows
  • 一部のユーザーの応答で通話が途切れる問題を解決-iOS
  • SSO経由でログインした場合、クライアントのバニティページにルーティングされないクライアントの[詳細設定を表示]オプションの問題を解決-Windows、macOS
  • 信頼できないセキュリティ警告が詳細を提供しない問題を解決-Windows
  • マイナーなバグ修正


この記事が気に入ったら
いいね! してね
最新情報をお届けします
\シェアはこちらから/
スポンサーリンク
ITカウンセリングLab

コメント