オンラインカウンセリングがなんとなく面白そう

気軽に始められるオンラインカウンセリング

オンラインカウンセリングに興味があるが、まだ受けたことがない。ITツールなどに詳しくないけど大丈夫だろうか。

あるいは、もしかしたら自分もオンラインカウンセリングならできるんじゃないか。一度体験しながら話してみたい。

新しいことなので、いろんな可能性を感じるが、うまく言語化できずにいる。自分でも受けてみたいのか、やってみたいのかうまく整理できていない。

そんな方には、オンラインカウンセリングを一度体験してみることをおすすめします。


やりたいことを言語化してみましょう

「なんとなく面白そう」というのは、いろんな意味が含まれています。まず、やりたいことややりたい気持ちがうまく言語化できていないように思います。受けてみたいのか、やってみたいのか、サービスとして考えているのか、どんな視点で考えるのかによって別れてきます。

そう言われると、なんとか言語化はできるかもしれません。でも、じゃあやってみようとするかというと、すぐに一歩踏み出せないこともあります。もしかしたら深層心理でどうせできないと思っているせいで、うまく言語化できなかったのかもしれません。

これはメンタルブロックと言われますが、過去の経験やトラウマなどから無意識に考えないようにしていたり、やってはダメだとか、こうすべきだとか、自動操縦で考えてしまう思考のクセです。

言語化できずに深層心理に眠っている思いは、実は自分では気づかない心理を表しています。それは、天職になる仕事につながるかもしれません。そうではなくても、今の自分に必要なことなのかもしれません。

そうやって知らせてくれている自分の心を大事にして、もしよろしければ仕事、健康、家庭、生きづらさなどどんな悩みでも結構ですのでオンラインカウンセリングを体験いただければと思います。


オンラインカウンセリングにはそれぞれメリットがあります

メッセージカウンセリングなら、いつでも好きなときに相談できます。1ヶ月間などの間、すぐにまとまらなくても交換日記のように整理していけます。言語化にはもってこいです。

音声通話カウンセリングなら、見た目や服装を気にせずに、相談に集中することができます。言語化が苦手でも、会話を通じて気持ちを整理していくことができます。

ビデオカウンセリングなら、自宅でリラックスしてカウンセリングを受けることができ、やってみると意外と簡単だと思われるかもしれません。

会って相談したいという方には、都内周辺だけですが対面カウンセリングも受け付けています。複数拠点を準備しており、好きな場所を選んでいただけます。


ご相談内容の例

オンラインカウンセリングに興味があるのであれば、ご相談内容はなんでも構いません。そういうと何にも出てこないように感じる方もいらっしゃいますが、意外とみんな些細な生活や人間関係などの相談をするものなのです。

人間関係で言えば、職場や家庭について悩まれる方が多くいらっしゃいます。家庭と言っても、パートナーとの関係や親との確執、子供についての悩みなど多岐に渡ります。友人や知人から感じる疎外感などもあるかもしれません。

生活の悩みについては、健康面も大きいですが、やりたいことができないストレスや過去のトラウマに起因する症状などがあるでしょう。心と体は相互作用の関係にあるため、両方について働きかけ、悪循環を断ち切る必要があります。

人生について言えば、仕事の目標や今後のキャリアに悩んでいたり、子育てや介護などから長期的に働き方を変えていくことなどに悩む人もいるでしょう。転職や独立、生活環境の大きな転換などを決断するには、安心して相談できる存在が必要です。

ほかにも、依存症や自己コントロールについて困っていたり、疲れやすくストレスがたまりやすい人は即効性のある対処を求めている人もいるでしょう。もしかしたら不眠症にまで陥っているかもしれません。

そんなときは、まず深く考えずに助けを求めましょう。自分では気づかないことに気づくチャンスになるかもしれません。

これらはほんの一部です。どんなお悩みでもお待ちしていますよ。


社会経験のある若手カウンセラー

オンラインカウンセリングを受けようと思っても、どこにするのか迷いますよね。本当はあまり深く悩まずに相談してほしいのですが、迷った場合はいくつかポイントがあります。

まず、熟練の年齢高めのカウンセラーは申し訳ないですが、ITツールを使い慣れていないことが多く、オンラインカウンセリングにはおすすめできません。やりたいことを伝えても、経験が長いせいか一刀両断されてしまうこともあります。

社会経験がなかったり、ビジネス経験の浅い方は、反応が遅かったり、会話が要領を得なかったりすることがあります。やりたいことを実現させる方法論がなく、困ったことによくわからないアドバイスをすることもあります。

最初は社会経験のありそうな若めのカウンセラーのオンラインカウンセリングを受けてみることをおすすめします。もちろん臨床心理士や産業カウンセラーなど、きちんと訓練されたカウンセラーを選びます。

もし少しでもつらい思いがありましたら、カウンセリングを受けてみてくださいね。


この記事が気に入ったら
いいね! してね
最新情報をお届けします
\シェアはこちらから/
ITカウンセリングLab

コメント