こころとからだの栄養療法 よくある症状(分子栄養学・オーソモレキュラー療法・メガビタミンなど)

スポンサーリンク

はじめに

ページの横断検索は、以下の検索ウィンドウからどうぞ。

ページ内検索は、パソコンなら[Ctrl+F]、iPhoneなら[シェアボタン]からどうぞ。


栄養療法は個体差が大きいため、試行錯誤してみる必要があります。

内容は適宜修正していきます。


全体目次はこちら。


とりあえず、

文章を読む気力もない人は、とりあえずネイチャーメイドの「スーパーマルチビタミン&ミネラル」を飲みましょう。

一人暮らしなどで食生活を改善できない人、ストレスから自分で考えられなくなってしまっている人、食事にお金をかけられない人などに最初におすすめしています。

海外のサプリメントと同様にサイズが大きいため、飲み込めない人は半分に割ったりして飲むようにします。

カウンセリングを受けるなどして、ある程度元気になってから栄養療法をはじめてください。


症状別

ほとんどの症状にストレス過多が影響しており、スマホなどですぐつながれる社会では、ストレスが急増しています。(人間関係や仕事から離れられない。)


単一症状(未病・不定愁訴を含む)

症状だけで病気が見つからない場合に未病・不定愁訴と呼ばれますが、それは病気の予兆であり、時代と共に新たな病名が付けられることも多いです。

人間は慣れる生き物なので、体調不良に気づかなかったり、大したことないと気にしなかったりすることも多いですが、身体が必死に叫んでいることに気づいてほしいと思います。

分類症状概要備考
胃腸胃下垂胃が下がった体型のこと
→おならが出やすい
→新型栄養失調(質的栄養失調)
→腸内フローラの悪化
→ミネラルの吸収悪化
→低血糖
←プロバイオティクス
←食物繊維
←消化酵素←タンパク質(徐々に)
←カンジタ除菌
胃腸便秘3日(72時間)以上便通がないこと
バナナ型の便が毎日出ることを目指す
←交感神経系が優位
←鉄分の過剰摂取
←糖質の過剰摂取(食物繊維不足)
←グルタミンの過剰摂取
←腸内フローラの悪化
 ←カンジタ菌増殖
→緊張しやすい
→腸炎
→肌荒れ
→肩こり
→頭痛
→めまい
→イライラ
→自律経失調症
←水分補給
←マグネシウム
←ビタミンC
←プロバイオティクス
←食物繊維
←消化酵素←タンパク質(徐々に)
←カンジタ除菌
←カフェイン制限
胃腸下痢便通の水分が増え、回数も増えること
ミネラルなども一緒に排泄されてしまう
バナナ型の便が毎日出ることを目指す
←副交感神経系が優位
←マグネシウムの過剰摂取
←ビタミンCの過剰摂取
←抗生物質の過剰摂取
←消化不良
←腸内フローラの悪化
←食中毒・食あたり
→腸炎
→自律神経失調症
←水分補給
←グルタミン
←プロバイオティクス
←消化酵素←タンパク質(徐々に)
←鉄(徐々に)
←ミネラル電解質
胃腸嘔吐・吐き気歯磨きをすると気持ち悪くなる人
←胃炎
←食中毒・食あたり
→胃炎
→逆流性食道炎
胃腸げっぷが出やすい胃炎の予兆
←消化不良
→胃炎
→逆流性食道炎
→SIBO(小腸内細菌異常増殖)
→過敏性腸症候群(IBS)
←消化酵素←タンパク質(徐々に)
胃腸おならが出やすい←消化不良
 ←タンパク質の過剰摂取
←腸内フローラの悪化
→腸炎
→SIBO(小腸内細菌異常増殖)
→過敏性腸症候群(IBS)
←消化酵素←タンパク質(徐々に)
胃腸食欲不振←消化不良
←胃炎・腸炎
←消化酵素←タンパク質(徐々に)
←塩酸ベタイン
←ナトリウム
←ビタミンB1
←ビオチン
胃腸胸焼け・胃もたれ←消化不良
←胃炎
→胃炎
←塩酸ベタイン
胃腸胃痛・腹痛←胃炎・腸炎→胃炎・腸炎
←マインドフルネス
循環貧血疲れやすい(倦怠感)
立ちくらみ
効果が出るまで4ヶ月以上かかる(ターンオーバー)

→酸素不足
 →ミトコンドリア機能の低下
  →エネルギー(ATP)不足
←鉄欠乏性貧血
 ←鉄分不足(欠乏)
  ←出血・潰瘍
  ←月経過多・妊娠・出産
←鉄芽球性貧血
 ←ビタミンB6不足(欠乏)
←悪性貧血
 ←ビタミンB12不足(欠乏)
←巨赤芽球性貧血
 ←葉酸不足(欠乏)
←溶血性貧血
 ←ビタミンE不足(欠乏)
←菜食主義
←カンジタ菌増殖
←器質性疾患の可能性も
→頭痛
→めまい・耳鳴り
←炎症除去全般
←タンパク質(徐々に)
←鉄(酸化物質)
←ビタミンC(抗酸化物質)
←抗炎症ハーブ
←ビタミンB6
←ビタミンB12
←葉酸
←リチウム
←ビタミンE
←マインドフルネス
循環低血圧疲れやすい(倦怠感)
立ちくらみ
喉の渇き
←交感神経系が優位
→自律神経失調症
→起立性調節障害
→副腎疲労症候群
←マグネシウム
←パントテン酸
←ニコチン制限
←アルコール制限
←マインドフルネス
循環低血糖疲れやすい(倦怠感)
お腹が鳴りやすい
朝元気がない(朝食を食べられない)
←交感神経系が優位
低タンパク質になりやすい(糖新生)

コルチゾールがないと糖新生できない
←慢性疲労症候群
←運動不足(筋肉)
←アルコール依存症(肝臓)
←ダイエット
←腸内フローラの悪化
 ←カンジタ菌増殖
  ←糖質過多

食事制限などしていないのに筋肉不足・痩せている人
→緊張しやすい
→肩こり
→歯ぎしり
→イライラ
→パニック発作
→副腎疲労症候群
→慢性疲労症候群
→起立性調節障害(OD)
→糖質依存症
→カフェイン依存症
→睡眠障害
←運動
←アルコール制限
←糖質制限
←カフェイン制限
←亜鉛
←鉄(徐々に)
←ビタミンB6
←マグネシウム
←プロバイオティクス
←食物繊維
←消化酵素←タンパク質(徐々に)
←グルタミン
←アルギニン
←中鎖脂肪酸
←頻食・補食
←カンジタ除菌
←運動
循環血行不良血管が収縮する
←交感神経系が優位
 ←自律神経失調症
→冷え性
→自律神経失調症
←風呂
←運動
←リラクゼーション
←マグネシウム
←鉄(徐々に)
←タンパク質(徐々に)
←ビタミンC
←ナイアシン(徐々に)
←ビタミンE
←ビタミンK
←(良質の)脂質
←イグナロ理論
←糖質制限
循環頻尿トイレの回数が多い→不安・恐怖
→低血圧
←ノコギリヤシ
←タンパク質(血漿タンパク質)
←ミネラル(電解質)
頭部頭痛・頭重感疲れやすい(倦怠感)
←貧血
←便秘
←ヒスタミン
←ビタミンAの過剰摂取
→上咽頭炎
→自律神経失調症
←五苓散(気圧変化)
←Bスポット療法(片頭痛)
←マグネシウム(片頭痛)
←亜鉛(片頭痛)
←ビタミンC
←CoQ10
←運動
←リラクゼーション
←マインドフルネス
頭部めまい・耳鳴り立ちくらみ
←貧血
←便秘
←ビタミンAの過剰摂取
→上咽頭炎
←五苓散(気圧変化)
←Bスポット療法
頭部耳詰まり耳が聞こえづらい→中耳炎
→上咽頭炎
←鼻うがい
←Bスポット療法
←ビタミンC
頭部鼻詰まり・鼻水←ナイアシンフラッシュ→鼻炎
→上咽頭炎
→喉の違和感
→睡眠時無呼吸症候群
←鼻うがい
←Bスポット療法
←ビタミンC
←イオウ
←蜂蜜(一時的)
頭部アデノイド肥大・扁桃肥大子供のいびきに注意(アデノイド肥大)→睡眠時無呼吸症候群
←アデノイド摘出
←扁桃摘出
頭部膿栓口から臭い玉が出る→喉の違和感
→扁桃炎
←Bスポット療法
頭部喉の違和感・喉のつかえ感・喉のイガイガ感・しゃがれ声・咽喉頭異常感症・ヒステリー球自覚できていない人が多い
喉が悪い人は鼻が悪い
←後鼻漏
 ←鼻炎
 ←タバコ
 ←カフェイン
 ←アルコール

常にストレスがかかった状態に陥ると精神に支障をきたす(ヒステリー球)
発作が起こった場合は、襟を緩め、水分補給を行う
→不安感
→イライラ
→パニック発作
→鼻炎
→膿栓
→上咽頭炎
→副鼻腔炎
→逆流性食道炎
→自律神経失調症
←鼻うがい
←Bスポット療法
←ビタミンC
←半夏厚朴湯
←ニコチン制限
←カフェイン制限
←アルコール制限
←α-リポ酸
頭部後鼻漏たんが出て吐き出してしまう人→鼻炎
→喉の違和感
→副鼻腔炎
→上咽頭炎
→睡眠時無呼吸症候群
←鼻うがい
←Bスポット療法
←ビタミンC
全身低体重筋肉不足・痩せている人
←腸内フローラの悪化
 ←カンジタ菌増殖
全身風邪を引きやすい疲れやすい(倦怠感)
よく仕事・家事を休んでしまう人
→上咽頭炎
→扁桃炎
→自律神経失調症
←鼻うがい
←Bスポット療法
←扁桃摘出
←ビタミンC
←葛根湯、銀翹散
←運動
全身微熱疲れやすい(倦怠感)→上咽頭炎
→扁桃炎
→自律神経失調症
←マグネシウム
←ビタミンC
←葛根湯、銀翹散
全身低体温疲れやすい(倦怠感)
手足ではなく中心の冷え
飢え・寒さは原始的なストレス
冷血動物状態(腹側迷走神経劣位)
←交感神経系が優位
←ミトコンドリア機能の低下
→肩こり
→緊張しやすい
→自律神経失調症
→甲状腺機能低下症
←タンパク質(徐々に)
←風呂
←運動
←リレクセーション
全身冷え性手足などの末端の冷え
飢え・寒さは原始的なストレス
←交感神経系が優位
←自律神経失調症
→血行不良
←マグネシウム
←ビタミンE
←鉄(徐々に)
←タンパク質(徐々に)
←イグナロ理論
←風呂
←運動
←リラクゼーション
全身かゆみ・湿疹←ヒスタミン
←ナイアシンフラッシュ
→皮膚炎
→むずむず脚症候群
→肌荒れ
→睡眠障害
←ビタミンC
全身肌荒れ(↔︎美肌)コラーゲンで修復
皮膚は水、塩類、グルコース(ブドウ糖)が多い
←便秘
→副腎疲労症候群

←糖質制限
←アルコール制限
←水分補給
←タンパク質(徐々に)
←鉄(徐々に)
←亜鉛
←ビタミンA
←ビタミンB群
←ビタミンC
←ビタミンE
←イグナロ理論
←風呂
←運動
全身ささくれ・傷やアザが治りづらいコラーゲンで修復
指先は栄養状態のバロメータ
←タンパク質(徐々に)
←鉄(徐々に)
←ビタミンC
全身爪が荒れている・爪が反っている(スプーンネイル)爪がスプーンのように反っている場合は鉄分不足(欠乏)
指先は栄養状態のバロメータ
→鉄欠乏性貧血
←タンパク質(徐々に)
←鉄(徐々に)
←ミネラル全般
全身顔色不良・顔色が悪い←貧血(青白い・爪の色も)
←肝機能低下(黄疸・白目も)
←腎機能低下・うつ病(どす黒い)
顔色は健康のバロメータ
食事タンパク質を摂ると気持ち悪い←腸内フローラの悪化
←消化酵素不足(タンパク質不足)
→タンパク質のジレンマ
→胃炎・腸炎
→リーキーガット症候群
←プロバイオティクス
←食物繊維
←消化酵素←タンパク質(徐々に)
←カンジタ除菌
食事サプリメントを吸収できない←炎症全般
←摂取バランスが悪い
←腸内フローラの悪化
←消化液(胃酸、胆汁酸など)の悪化
←消化酵素不足(タンパク質不足)
←サプリメントの種類(キレート鉄など)
←サプリメントの量(日本は少ないものが多い)
←サプリメントのメーカー(GMP基準など)
←低体温
←毒素(重金属など)
←ストレス
←歯科治療
←Bスポット療法
←カンジタ除菌
←抗炎症ハーブ
←糖質制限
←アルコール制限
←カンジタ除菌
←プロバイオティクス
←食物繊維
←消化液補助
←消化酵素←タンパク質(徐々に)
←iherb
←日光浴
←風呂
←運動
←デトックス
←カウンセリング
薬物抗生物質の過剰摂取善玉菌なども除菌され、悪玉菌が増殖する
薬物はほとんど腸から吸収される
←ピロリ菌除菌
→腸内フローラの悪化
→腸炎
←プロバイオティクス
←食物繊維
←消化酵素←タンパク質(徐々に)
←ビタミンB群
←カンジタ除菌
薬物ステロイドの過剰摂取細胞膜(脂質)を通過するため、皮膚からも吸収される
←皮膚炎
→腸内フローラの悪化
←プロバイオティクス
←食物繊維
←消化酵素←タンパク質(徐々に)
←カンジタ除菌
偏食爪かみ←ミネラル不足
 ←腸内フローラの悪化
←ミネラル
←プロバイオティクス
←食物繊維
←消化酵素←タンパク質(徐々に)
←塩酸ベタイン
←カンジタ除菌
偏食氷食い←鉄分不足
妊婦に多い
←鉄(酸化物質)
←ビタミンC(抗酸化物質)
歯ぎしり・食いしばり・噛み締め・寝違い・寝汗←交感神経系が優位
 ←低血糖
  ←ミネラル・鉄分不足
   ←腸内フローラの悪化
←逆流性食道炎
→緊張しやすい
→肩こり
→顎が開かない
→歯髄炎
→睡眠障害
←鉄(徐々に)
←マグネシウム
←プロバイオティクス
←食物繊維
←消化酵素←タンパク質(徐々に)
←カンジタ除菌
←歯科治療(マウスピース)
神経肩こり・首こり・猫背緊張しやすく呼吸が浅いと、こりとなる(無酸素運動)
猫背になりやすい

無酸素運動(アネロビクス)は乳酸がたまってこりになる(糖質代謝)
有酸素運動(エアロビクス)は乳酸を酸素で分解する(脂質代謝)
←交感神経系が優位
 ←低血糖
←便秘
→緊張しやすい
→自律神経失調症
→低体温
←ビタミンC
←ビタミンB群
←ビタミンE
←鉄(徐々に)
←マグネシウム
←葛根湯
←運動(有酸素運動)
←リラクゼーション
神経緊張しやすい・呼吸が浅い・口呼吸無酸素運動と同じ状態
猫背になりやすい
朝が弱い(朝食を食べられない)
消化吸収が悪い

無酸素運動(アネロビクス)は乳酸がたまってこりになる(糖質代謝)
有酸素運動(エアロビクス)は乳酸を酸素で分解する(脂質代謝)
←ヒスタミン
←糖質依存症
冷血動物状態(腹側迷走神経劣位)

→ミトコンドリア機能の低下
 →エネルギー(ATP)不足
→不安・恐怖
→便秘
→肩こり
→頭痛
→歯ぎしり
→鼻詰まり
→扁桃炎
→低体温
→低血糖
→パニック発作
→睡眠障害
→自律神経失調症
←水分補給
←マグネシウム
←亜鉛
←タンパク質(徐々に)
←鉄(徐々に)
←ビタミンC
←カフェイン制限
←運動(有酸素運動)
←リラクゼーション
←マインドフルネス
精神イライラ・神経過敏・易刺激性自覚できていない人が多い
栄養不足で起こることがある
←成長期(カルシウム)
←ダイエット(タンパク質・鉄)
←月経過多・妊娠・出産(タンパク質・鉄)
←PMS(加味逍遙散)
←便秘(マグネシウム・デトックス)
←炎症全般(ビタミンC・ビタミンD・亜鉛)
←喉の違和感(鼻うがい・Bスポット)
←低血糖
←ストレス(運動・リラクゼーション)
→月経過多・妊娠・出産
→PMS
→便秘
→喉の違和感

←カルシウム
←タンパク質
←鉄
←加味逍遙散
←マグネシウム
←デトックス
←ビタミンC
←ビタミンD
←亜鉛
←鼻うがい
←Bスポット
←運動(有酸素運動)
←リラクゼーション
精神不安・心配喉の渇き
未来のことを繰り返し考えてしまうこと
注意力が削がれてしまう
内受容感覚の精度が高い
←ストレス
→緊張しやすい
→喉の違和感
→パニック発作
→不安障害
←マグネシウム
←マインドフルネス
精神パニック発作・過呼吸睡眠中に起こることも多い
発作が起こった場合は、襟を緩め、水分補給を行う
内受容感覚の精度が高い
←ストレス

←乳酸(無呼吸発作)
←低血糖
←ニコチン依存症
←アルコール依存症
←カフェイン依存症
→不安
→喉の違和感
→緊張しやすい
→低血糖
→睡眠障害
←Bスポット療法
←水分補給
←マグネシウム
←リラクゼーション
←グラウンディング
←カウンセリング
精神反芻・執着過去のことを繰り返し考えてしまうこと
注意力が削がれてしまう
内受容感覚の精度が高い
←トラウマ
→うつ病
→解離
←マインドフルネス
精神解離・フラッシュバック←トラウマ→反芻・執着
←神田橋処方
←カウンセリング
精神ストレス・トラウマストレスが多いと消化吸収が悪くなるため、栄養療法だけでは効かない
←原始ストレス(飢え・寒さ)
←外的ストレス(社会・他者)
←私的ストレス(思考・感情)
←内的ストレス(炎症・感染)

ストレスで交感神経系が優位に
トラウマで副交感神経系(背側迷走神経)が優位に

一時的なストレスに対処する(闘争・逃走反応)
↔︎栄養消費(ストレス反応・吸収悪化)

反動で疲れが出たり、大きすぎるストレスはトラウマ化する(凍結反応)
↔︎食生活の乱れ(栄養不足・運動不足)

記憶されたストレスやトラウマを思い出す(予期不安・パニック・フラッシュバック)
↔︎睡眠障害(心身疲弊)

悪循環を繰り返して心身が疲弊する(無気力・抑うつ)
↔︎免疫の低下・自律神経失調症(心身疲弊)
→未病・不定愁訴全般
→自律神経失調症
→パニック発作
→副腎疲労症候群
→睡眠障害
→うつ病
→アルコール依存症
→摂食障害
←水分補給
←マグネシウム
←アルコール制限
←リラクゼーション
←カウンセリング
精神自制心(セルフコントロール能力)の低下自身の衝動性を我慢できなくなること
長期的な利益にならない行動を短期的な利益から行ってしまう
満足遅延耐性マシュマロ実験

栄養療法などを行うための前提となるもの
衝動的な行動によって食生活が乱れる
自動的な思考によって悩んでばかりで決断できない
すでに自己管理できない状態の場合はカウンセリングを受ける
→アルコール依存症
→摂食障害
←アルコール制限
←マインドフルネス
←カウンセリング


複合症状

栄養療法に関わるもの以外は記述していませんが、例えば体内で出血があるといくら鉄分を摂取してもよくならないため、そうした器質性疾患は別途病院などで検査が必要です。

栄養療法はカウンセリングなどと同様に、ドクターショッピングをしても治らないケースではじめて用いられることが多いですが、予防の観点では本来もっと早く取り入れた方が効果を発揮します。(食生活は健康の基本です。)


病気は閾値で切っているだけで、どんな人にも何らかの傾向があります。病気にまだなっていない人にも、病気の症状や健康法は参考になる部分があります。

病気には複数の原因が考えられ、病気になったきっかけと維持要因は異なる場合があり、それには複数の対処法や組み合わせが考えられます。

栄養療法は標準医療や薬物治療を否定するものではありません。すでに症状が出ていれば、その症状を抑えるために必要な治療を併用することも必要となります。

分類病名概要備考
栄養マラスムス肋骨が浮き出る栄養失調(痩せて見える)
飢え・寒さは原始的なストレス
←エネルギー(タンパク質・脂質・炭水化物)不足
←タンパク質
←脂質
←炭水化物
栄養クワシオルコル(クワシオルコール)腹部が浮き出る栄養失調(一見太って見える)
飢え・寒さは原始的なストレス
←タンパク質不足
←タンパク質
栄養新型栄養失調(質的栄養失調)見た目では判断できない栄養失調
飢え・寒さは原始的なストレス
疲れやすい(倦怠感)
←栄養消費の過多(ストレス)
←消化吸収の悪化(消化不良)
 ←全身の炎症全般
←活動記録
疲労慢性疲労症候群疲れやすい(倦怠感)
何かのきっかけで一気に発症する
→ミトコンドリア機能の低下
 →エネルギー(ATP)不足
←マイコプラズマ
←トラウマ
→低血糖
←亜鉛
←クエン酸
←ビタミンB1
←ビタミンB2
←ナイアシン(徐々に)
←パントテン酸
←CoQ10
←マグネシウム
←鉄
疲労副腎疲労症候群疲れやすい(倦怠感)
朝起きれない
炎症を抑制できない

コルチゾールがないと糖新生できない
→低血糖

長年のストレスの蓄積で発症する
→ミトコンドリア機能の低下
 →エネルギー(ATP)不足
←アドレナリン過剰(頑張りすぎ)
←カフェイン依存症(元気の前借り)
←全身の炎症全般
→肌荒れ
←運動
←アシュワガンダ
←補中益気湯
←プロバイオティクス
←食物繊維
←ナイアシン(徐々に)
←パントテン酸
←ビタミンC
←ビタミンE
←マグネシウム
←亜鉛
←中鎖脂肪酸
←頻食・補食
疲労甲状腺機能低下症疲れやすい(倦怠感)
むくみ
声が低い
→ミトコンドリア機能の低下
 →エネルギー(ATP)不足
←水銀
←低T3症候群
→低体温
←ナイアシン(徐々に)
←鉄(徐々に)
←セレン
←デトックス
疲労起立性調節障害(OD)疲れやすい(倦怠感)
朝起きれない、不登校
立ちくらみ、頭痛、腹痛
→ミトコンドリア機能の低下
 →エネルギー(ATP)不足
←低血圧
←低血糖
←ナイアシン(徐々に)
疲労睡眠時無呼吸症候群疲れやすい(疲労感)
いびき、歯ぎしり
←鼻炎
←アデノイド肥大(子供)
←扁桃肥大
←Bスポット療法
←アデノイド摘出(子供)
←扁桃摘出
疲労低T3症候群(LowT3)疲れやすい(倦怠感)
筋肉不足で糖質制限するとT3が作れなくなり、肝機能が低下する
→ミトコンドリア機能の低下
 →エネルギー(ATP)不足
←糖質制限(筋肉不足・痩せている人)
←ファスティング(断食)の過剰
→甲状腺機能低下症
←運動
←炭水化物・糖質(一時的)
←タンパク質(徐々に)
炎症中耳炎・耳管開放症・耳管狭窄症で炎症を起こす
低タンパク質になりやすい(糖新生)
→イライラ
→耳詰まり
→上咽頭炎
←布団掃除・布団乾燥機
←鼻うがい
←タンパク質(徐々に)
←ビタミンC
←ビタミンD
←亜鉛
炎症鼻炎・花粉症・ハウスダストアレルギーで炎症を起こす
低タンパク質になりやすい(糖新生)
スギ、ヒノキ、ブタクサなど
←ヒスタミン
→鼻詰まり
→耳詰まり
→緊張しやすい
→喉の違和感
→上咽頭炎
→睡眠時無呼吸症候群
←布団掃除・布団乾燥機
←鼻うがい
←タンパク質(徐々に)
←ビタミンC
←ビタミンD
←マグネシウム
←亜鉛
←イオウ
炎症副鼻腔炎(蓄膿症)(副鼻腔)で炎症を起こす
低タンパク質になりやすい(糖新生)
鼻をかむときティッシュを2枚以上使う人
たんが出て吐き出してしまう人
→鼻炎
→喉の違和感
→後鼻漏
→上咽頭炎
→睡眠時無呼吸症候群
←鼻うがい
←Bスポット療法
←タンパク質(徐々に)
←ビタミンC
←ビタミンD
←亜鉛
炎症リウマチ・関節炎関節で炎症を起こす
低タンパク質になりやすい(糖新生)
←マイコプラズマ
←タンパク質(徐々に)
←ビタミンC
←ビタミンD
←亜鉛
←ナイアシン
←ビタミンB6
←ビタミンE
炎症扁桃炎(扁桃)で炎症を起こす
低タンパク質になりやすい(糖新生)
全身に炎症を広げる(原病巣)
疲れやすい(倦怠感)
口から膿栓(臭い玉)が出る

←虫歯・歯髄炎
→全身の炎症全般(原病巣)
→緊張しやすい
→膿栓
→微熱
→上咽頭炎
→自律神経失調症
←鼻うがい
←Bスポット療法
←扁桃摘出
←タンパク質(徐々に)
←マグネシウム
←ビタミンC
←ビタミンD
←亜鉛
←蜂蜜(一時的)
←葛根湯・銀翹散
炎症上咽頭炎(上咽頭)で炎症を起こす
低タンパク質になりやすい(糖新生)
全身に炎症を広げる(原病巣)
疲れやすい(倦怠感)
耳が詰まる(耳管狭窄症)

Bスポット療法(EAT)で出血があれば上咽頭炎
←虫歯・歯髄炎
←マイコプラズマ
→全身の炎症全般(原病巣)
→頭痛(片頭痛)
→めまい・耳鳴り
→耳詰まり
→微熱
→扁桃炎
→喉の違和感
→自律神経失調症
←Bスポット療法
←タンパク質(徐々に)
←マグネシウム
←ビタミンC
←ビタミンD
←亜鉛
←蜂蜜(一時的)
←半夏厚朴湯
←葛根湯・銀翹散
炎症虫歯・歯髄炎・根尖病巣(根管病巣)で炎症を起こす
低タンパク質になりやすい(糖新生)
全身に炎症を広げる(原病巣)
←ミュータンス菌
 ←糖質過多
 ←ミネラル過多
←歯ぎしり
←ビタミンC(チュアブル)

ガムを噛むと痛い人
歯は幼少期など過去の食生活のバロメータとなる
→全身の炎症全般(原病巣)
←歯磨き
←糖質制限
←アルコール制限
←Bスポット療法
←タンパク質(徐々に)
←カルシウム
←リン(通常は過剰)
←フッ素(飲み込まない)
←ビタミンC
←ビタミンD
←亜鉛
←プロバイオティクス
炎症逆流性食道炎食道で炎症を起こす
低タンパク質になりやすい(糖新生)
胃酸が逆流して炎症を起こす
←胃炎
←ニコチン依存症
←アルコール依存症
←カフェイン依存症
→嘔吐
→歯ぎしり
→げっぷが出やすい
→上咽頭炎
→虫歯・歯髄炎
→喉の違和感
←アルコール制限
←歯磨き
←タンパク質(徐々に)
←ビタミンC
←ビタミンD
←亜鉛
炎症皮膚炎・蕁麻疹皮膚で炎症を起こす
低タンパク質になりやすい(糖新生)
ステロイドを使用すると腸内フローラが悪化する
←環境ホルモン・重金属
←糖質依存症
←アルコール依存症
コラーゲンで修復
→かゆみ
→肌荒れ
→睡眠障害
→ステロイドの過剰摂取
←糖質制限
←アルコール制限
←タンパク質(徐々に)
←鉄(徐々に)
←ビタミンC
←ビタミンD
←亜鉛
←イオウ
←デトックス
炎症口内炎・口唇炎・口角炎口唇で炎症を起こす
低タンパク質になりやすい(糖新生)
←ヘルペスウイルス
←タンパク質(徐々に)
←ビタミンC
←ビタミンD
←亜鉛
←蜂蜜(一時的)
炎症胃炎で炎症を起こす
低タンパク質になりやすい(糖新生)
タンパク質の消化吸収が悪化する
→ミネラルの吸収悪化
←交感神経系が優位
←副腎疲労症候群
←ピロリ菌
←ニコチン依存症
←アルコール依存症
←糖質依存症
←カフェイン依存症
→胃痛・腹痛
→逆流性食道炎
→糖質依存症
←抗炎症ハーブ
←タンパク質(徐々に)
←ビタミンC
←ビタミンD
←ビタミンA
←亜鉛
←ピロリ菌除菌
←アルコール制限
←カフェイン制限
炎症腸炎で炎症を起こす
低タンパク質になりやすい(糖新生)
←交感神経系が優位
←副腎疲労症候群
←リーキーガット症候群
←過敏性腸症候群(IBS)
→胃痛・腹痛
←プロバイオティクス
←食物繊維
←抗炎症ハーブ
←タンパク質(徐々に)
←グルタミン
←ビタミンC
←ビタミンD
←亜鉛
←ビタミンA
←亜鉛
←アルコール制限
←カフェイン制限
←グルテンフリー
←カゼインフリー
消化カンジタ菌増殖→ミトコンドリア機能の低下
 →エネルギー(ATP)不足
←糖質・鉄分が餌
→アセトアルデヒド、アンモニアなどの毒を発生
飲酒していないのに二日酔いのような症状
→便秘
→貧血
→低血糖
→低体重
→副腎疲労症候群
→アルコール依存症
→糖質依存症
→リーキーガット症候群
←カンジタ除菌
消化リーキーガット症候群本来吸収されない異物が腸内に漏れること
←カンジタ菌の増殖
→ミネラルの吸収悪化
→腸炎
←プロバイオティクス
←食物繊維
←消化酵素←タンパク質(徐々に)
←カンジタ除菌
←グルテンフリー
←カゼインフリー
消化SIBO(小腸内細菌異常増殖)低FODMAP食
単糖・二糖・オリゴ糖などを避ける
→おならが出やすい
→げっぷが出やすい
消化過敏性腸症候群(IBS)→腸炎
→ミネラルの吸収悪化
←トラウマ
→おならが出やすい
→げっぷが出やすい
性機能低下←環境ホルモン・重金属←亜鉛
←ビタミンE
←鉄(徐々に)
←タンパク質(徐々に)
←イグナロ理論
←デトックス
月経過多・妊娠・出産ホルモンバランスの変化
昼でも夜用ナプキンを使う人
←環境ホルモン・重金属
←ビタミンE
←鉄(徐々に)
←タンパク質(徐々に)
←デトックス
PMS(月経前症候群)ホルモンバランスの変化
←環境ホルモン・重金属
←ビタミンE
←マグネシウム
←鉄(徐々に)
←タンパク質(徐々に)
←イグナロ理論
←デトックス
←加味逍遙散
欠乏鉄欠乏性貧血疲れやすい(倦怠感)
赤血球が通常より小さくなる(小球性貧血)
→酸素不足
 →ミトコンドリア機能の低下
  →エネルギー(ATP)不足
←鉄分不足(欠乏)
 ←出血・潰瘍
 ←月経過多・妊娠・出産
→貧血
→爪が反っている(スプーンネイル)
←鉄(酸化物質)
←ビタミンC(抗酸化物質)
欠乏鉄芽球性貧血疲れやすい(倦怠感)
赤血球が通常より小さくなる(小球性貧血)
→酸素不足
 →ミトコンドリア機能の低下
  →エネルギー(ATP)不足
←ビタミンB6不足(欠乏)
→貧血
←ビタミンB6
欠乏悪性貧血疲れやすい(倦怠感)
赤血球が通常より大きくなる(大球性貧血)
精神異常
→酸素不足
 →ミトコンドリア機能の低下
  →エネルギー(ATP)不足
←ビタミンB12不足(欠乏)
 ←アルコール依存症
→貧血
←ビタミンB12
←リチウム
←アルコール制限
欠乏巨赤芽球性貧血疲れやすい(倦怠感)
赤血球が通常より大きくなる(大球性貧血)
→酸素不足
 →ミトコンドリア機能の低下
  →エネルギー(ATP)不足
←葉酸不足(欠乏)
 ←アルコール依存症
→貧血
←葉酸
←アルコール制限
欠乏溶血性貧血疲れやすい(倦怠感)
赤血球が破壊される
→酸素不足
 →ミトコンドリア機能の低下
  →エネルギー(ATP)不足
←ビタミンE不足(欠乏)
→貧血
←ビタミンE
欠乏脚気(江戸患い)疲れやすい(倦怠感)
心不全による足のむくみ
神経障害による足のしびれ
膝蓋腱反射が見られない
←ビタミンB1不足(欠乏)
 ←白米主食
 ←糖質依存症
 ←アルコール依存症
←ビタミンB1(最小摂取量)
←ぬか漬け(白米主食)
←糖質制限
←アルコール制限
欠乏ウェルニッケ脳症疲れやすい(倦怠感)
運動失調
眼球運動障害
運動障害

←ビタミンB1不足(欠乏)
 ←白米主食
 ←糖質依存症
 ←アルコール依存症
←ビタミンB1(最小摂取量)
←ぬか漬け(白米主食)
←糖質制限
←アルコール制限
欠乏ペラグラ疲れやすい(倦怠感)
光線過敏症
皮膚炎(左右対称の赤い発疹)
下痢
精神異常(痴呆など)
←ナイアシン不足(欠乏)
 ←トウモロコシ主食
 ←アルコール依存症
←ナイアシン(最小摂取量)
←アルコール制限
欠乏神経管閉鎖障害先天異常(二分脊椎、無脳症)←葉酸(最小摂取量)
欠乏壊血病疲れやすい(倦怠感)
情動の不安定、脱力感(無気力感)
出血(皮膚、粘膜、歯肉など)
色素沈着
コラーゲンが作れなくなって起こる
←ビタミンC不足(欠乏)

海賊船にはミカンの木(ワンピース)
ドイツはキャベツ野郎(ザワークラウト)
イギリスはライム野郎(ライムジュース)
←ビタミンC(最小摂取量)
欠乏くる病・骨軟化症身長の発育不良
歯の発育不良
O脚やX脚
←ビタミンD不足(欠乏)
←ビタミンD(最小摂取量)
←日光浴(適度)
欠乏骨粗しょう症←カルシウム不足
←ビタミンD不足(欠乏)
←カルシウム
←リン
←ビタミンD(最小摂取量)
←ビタミンK
←日光浴(適度)
精神季節性うつ病・冬季うつ病季節性うつ病
←ビタミンD不足
 ←日照量不足
←ビタミンD
←ビタミンD免疫療法
←日光浴(適度)
←カウンセリング
精神産後うつ病←鉄分不足
若い女性の栄養状態が一番悪い(ダイエットなど)
←育児の大変さ
最近では男性もなることがわかっている
(核家族・共働きでの育児と仕事の両立)
←鉄(酸化物質)
←ビタミンC(抗酸化物質)
←ビタミンB6
←亜鉛
←タンパク質(徐々に)
←マインドフルネス
←カウンセリング
精神むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)←鉄分不足→かゆみ
→睡眠障害
←鉄(徐々に)
←ビタミンB6
←ナイアシン(徐々に)
←葉酸
精神睡眠障害(不眠症)入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害
睡眠の悪化を通して心身が相互に悪影響を及ぼすため優先度が高い
疲れやすい(倦怠感)
目の下のクマが濃い人
←炎症全般
←低血糖
←かゆみ←皮膚炎
←むずむず脚症候群
←ニコチン依存症
←アルコール依存症
←カフェイン依存症
↔︎自律神経失調症(心身疲弊)
↔︎うつ病(心身疲弊)
→未病・不定愁訴全般
→パニック発作
→副腎疲労症候群
→摂食障害
←グリシン
←メラトニン
←マグネシウム
←ナイアシン(徐々に)
←アルコール制限
←活動記録
←マインドフルネス
←カウンセリング
精神自律神経失調症自律神経系の調節が悪くなる
←全身の炎症全般
←脳腸相関
↔︎睡眠障害(心身疲弊)
↔︎うつ病(心身疲弊)
すぐさま防衛反応が発動している(ポリヴェーガル理論)
→便秘
→下痢
→低血圧
→血行不良
→頭痛
→微熱
→低体温
→上咽頭炎
→扁桃炎
→喉の違和感
←運動
←Bスポット療法
←マグネシウム
←マインドフルネス
←カウンセリング
精神統合失調症(精神分裂病)幻覚、幻聴、被害妄想
痛みに強い(鈍感)
生活リズムの崩壊(夜型)
社会で成功していることも(高い創造性)
ドーパミン過剰なことが多い

→統合失調症ではナイアシンフラッシュが起こりにくいとされる
→統合失調症にマインドフルネスは注意
←フェニルアラニン
←チロシン
←ナイアシン(徐々に)
←ビタミンB6
←葉酸
←ビタミンC
←タンパク質(徐々に)
←カウンセリング
精神双極性障害・双極症(躁うつ病)行為心迫(休む暇がないほど動く)
観念奔逸(次から次に生じる思考)

高額な買い物をしてしまう・買い物依存症
寝なくても活動できる・睡眠障害
食べなくても活動できる・摂食障害

社会で成功していることも(高い創造性)
躁転時を本来の自分と捉え、受け入れられない
疲れに気づかないためどっと疲れが出る
→低血糖
→買い物依存症
→依存症全般
→睡眠障害
→摂食障害
←活動記録
←リチウム
←DHA
←NAC
←マインドフルネス
←カウンセリング
精神うつ病で炎症を起こす
←ヘルペスウイルス
←全身の炎症全般
↔︎睡眠障害(心身疲弊)
↔︎自律神経失調症(心身疲弊)
←脳腸相関
家事ができない
風呂に入るのも面倒
顔色不良(黒色)の傾向
内受容感覚の精度が低い
セロトニン不足なことが多い
→反芻・執着
←トリプトファン
←SAMe(メチオニン)
←ビタミンB6
←マグネシウム
←亜鉛
←デトックス
←活動記録
←マインドフルネス
←カウンセリング
精神自閉症スペクトラム障害(ASD)←環境ホルモン・重金属
←全身の炎症全般
←腸炎
←腸内フローラの悪化
←脳腸相関

目線を合わせない傾向(防衛反応が強い)
聴覚過敏の傾向(カクテルパーティー効果が弱い)
言葉に問題がある傾向(方言やタメ語で話せない)
←プロバイオティクス
←食物繊維
←抗炎症ハーブ
←グルタミン
←ビタミンB6
←ビタミンD
←マグネシウム
←亜鉛
←日光浴(適度)
←デトックス
←マインドフルネス
←カウンセリング
精神ADHD(注意欠陥・多動性障害)←環境ホルモン・重金属←ホスファチジルセリン
精神摂食障害(拒食症、過食症)内受容感覚の精度が低い
←自制心(セルフコントロール能力)の低下
→低血糖
→脚気(ビタミンB1不足)
→ペラグラ(ナイアシン不足)
←タンパク質(徐々に)
←ビタミンB1
←ミネラル全般
←活動記録
←マインドフルネス
←カウンセリング
精神ニコチン依存症タバコをコントロールできなくなる
←自制心(セルフコントロール能力)の低下
→肝機能低下
→睡眠障害
→胃炎
→逆流性食道炎
→パニック発作
←ビタミン
←デトックス
←ニコチン制限
←ビタミンC
←活動記録
←マインドフルネス
←カウンセリング
精神アルコール依存症飲酒をコントロールできなくなるため、断酒をするしかなくなる
断酒は、今後一切飲まないと誓うこと、お酒を一切手放すこと

←自制心(セルフコントロール能力)の低下

記憶をなくすほど飲む人(ブラックアウト)
人との約束より飲酒を優先する人
飲酒する理由をいくらでも思いつける人
自分は大丈夫だと言い張る人
→肝機能低下
→睡眠障害
→糖質依存症
→ビタミンB群欠乏
 →悪性貧血
 →巨赤芽球性貧血
 →脚気
 →ウェルニッケ脳症
 →ペラグラ
→皮膚炎
→胃炎
→逆流性食道炎
→パニック発作
←ビタミンB群
←ナイアシン
←ビタミンC
←ミネラル全般
←デトックス
←アルコール制限(断酒)
←活動記録
←マインドフルネス
←カウンセリング
精神糖質依存症←ミトコンドリア機能の低下
 ←鉄分不足
 ←マグネシウム不足
 ←ビタミンB群不足
←胃炎
←低血糖
→緊張しやすい
→皮膚炎
→胃炎
→逆流性食道炎
→パニック発作
→脚気
→ウェルニッケ脳症
←鉄(徐々に)
←マグネシウム
←ビタミンB群
←アルコール制限
←糖質制限
←カンジタ除菌
←活動記録
←マインドフルネス
←カウンセリング
精神カフェイン依存症朝目覚めるのにカフェインが必要
エナジードリンクや清涼飲料水・炭酸飲料は糖質も問題となる
元気の前借り(体を酷使する)
←低血糖
→慢性疲労症候群
→パニック発作
←ミネラル全般
←デトックス
←活動記録
←マインドフルネス
←カウンセリング
精神買い物依存症朝方に交感神経系が優位になるため、オンラインショッピングは特に注意→双極性障害
←活動記録


最後に

もし本記事が役立ったと感じられた方は、iHerbでサプリなどを購入する際に、以下の紹介コードを入力いただけるとありがたいです。

紹介プログラムは変更になることもありますが、紹介コードを入力することで毎回5%OFFなどで購入できます。

iHerb紹介コード:ANB6519

iHerbのURL:https://jp.iherb.com/


記述には慎重を期しておりますが、万一誤りなどありましたら、下部のコメントからご連絡いただけると助かります。

コメント